お知らせ

3月17日、応用物理学会特別シンポジウムで小林誠氏(KEK特別栄誉教授/2008年ノーベル物理学賞受賞)が講演します

3月17日(土)、早稲田大学西早稲田キャンパス(東京都新宿区)において、第65回 応用物理学会春季学術講演会特別シンポジウム「物質と宇宙の基礎研究とそれがもたらす最先端産業技術」が開催されます。

2008年ノーベル物理学賞受賞の小林誠氏(KEK特別栄誉教授)が「基礎科学と加速器」と題する特別講演を行います。また、駒宮幸男氏(東京大学理学部)が「ILC計画とその物質的意義」、鈴木厚人氏(岩手県立大学学長)が「ILC国際研究所が日本にもたらすもの」をテーマに講演します。

日 時: 2018年3月17日(土)13:15 – 18:00 (開場 13:00)
場 所: 早稲田大学西早稲田キャンパス 63号館 03〜05室
対 象: 中学生以上
定 員: 定員なし
参加費: 無料(事前申し込みは不要です)
主催:応用物理学会

お問い合わせ先:応用物理学会事務局
Tel: 03-3828-7721
Fax:03-3823-1810
Email: meeting@jsap.or.jp

みなさまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

その他のプログラムの内容の詳細については下記ポスター、またはこちらをご覧ください。

PAGE TOP