成果報告

 KEK大学共同利用によって行った研究で成果報告を行った際には、報告の種類(論文/プレスリリース等)を問わず、必ずKEKへご報告ください。(⇒ 物構研における成果発表の手順

 

論文による成果報告

 論文による成果報告を行った方は、出版された論文の別刷(PDFファイル、あるいは掲載されている電子ジャーナルのページ)を送付してください。論文の謝辞には必ずKEK大学共同利用の成果であることを記載してください。また、J-PARC/MLFを用いた研究成果の場合は、J-PARC成果管理システム https://jpms.j-parc.jp/j-rms/ への登録をお願いします。(⇒ MLF実験終了後の手続き:3−4
 

プレスリリースによる成果報告

 KEK大学共同利用の成果についてプレスリリースを行う場合は、KEK/J-PARCと連名での発表をお願いする可能性があります。プレスリリース前のなるべく早い時期にご連絡ください。(⇒ KEKにおけるプレス発表の手順
 

連絡先

 J-PARC/MLFを用いた研究成果は装置責任者までご連絡ください。

  ⇒ 三宅康博:yasuhiro.miyake <at> kek.jp
    門野良典:ryosuke.kadono <at> kek.jp

ページトップへ

 
All Rights Reserved,copyright(c) 2017 Institute of Materials Structure Science(IMSS)