MSL ミュオン科学研究系

KEK

将来計画

負ミュオンは通常の電子に比べて200倍も重たいため、原子に捕獲・束縛される過程で通常のX線よりも桁違いに高いエネルギーの特性X線(元素によって異なるX線)を出します。 このX線は数mm~数cmという厚みを貫通して検出器に到達できるので、ミュオンを試料深くに注入して試料内部の元素分析を行なうことが可能になります。

picture1.jpg