imss

KEK

科学技術分野の文部科学大臣表彰 物質構造科学研究所 関係者多数が受賞

物構研トピックス
2017年4月24日

平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者が決定し、科学技術賞 開発部門でMLFユーザーである住友ゴム工業を中心とする研究チームが、科学技術賞 研究部門で PFスタッフとの共同研究者の石谷 治氏が受賞しました。 また、若手科学者賞をPFユーザーの多数が受賞しました。

この賞は、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り科学技術の水準の向上に寄与することを目的として、文部科学省が、研究開発・理解増進等において顕著な成果を収めた方を顕彰するものです。

科学技術賞 開発部門

社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に利活用されている(今後利活用が期待されるものを含む)画期的な研究開発若しくは発明を行った者を対象

科学技術賞 研究部門

科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は開発を行った者を対象

  • 石谷 治(いしたに おさむ)東京工業大学 理学院 化学系 教授
    「二酸化炭素を還元資源化する可視光駆動光触媒の研究」
    石谷氏は、物質構造科学研究所 野澤 俊介・足立 伸一らとの光触媒化学に関する共同研究者です。

若手科学者賞

萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象

表彰式は平成29年4月19日、文部科学省にて行われました。

関連情報
平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について
科学技術賞 受賞者一覧 (PDF:321KB)
若手科学者賞 受賞者一覧 (PDF:227KB)
ページトップへ