pf

KEK

PF・PF-ARの運転状況

PF, PF-ARの現在の運転状況をリアルタイムで見ることができます。

PF/PF-ARの運転状況

入射について

  • 2.5GeV PFリングの運転中は、通常トップアップ連続入射が行なわれ、リング電流はマルチバンチモードでは450mAに、ハイブリッドモードでは400mA(シングルバンチ50mA+マルチバンチ350mA)に維持されます。ただし、PF-ARリングへの入射時はPFリングへの連続入射が中断します。
  • 2017年2〜3月は、2016年秋期と同様、入射器コミッショニングのため、原則としてPFのトップアップ連続入射は行わず、1日3回(8:30, 18:30, 1:30)の定時に積み上げ入射(MBSを閉じずに450mAまで入射)を行います。ただし、入射器マシンスタディの進捗によっては平日深夜や土日が連続入射になる可能性がありますので、実験ホール入口の掲示をご確認ください。
    ビームラインの最新整備状況17
    2016年10〜12月期のPFトップアップ運転予定について
    2016年中のPFの入射モードについて
  • 2.5GeV PFリングのシングルバンチモードは、トップアップ連続入射が行なわれ、リング電流は50mAで維持されます。ただし、2014年度以降、シングルバンチモードは実施されていません。
  • PF-ARは、シングルバンチモード、初期蓄積電流50〜60mA程度で、定時にチャンネルをクローズして入射が行なわれます。2016年5月現在、入射は1日3回(8:30, 18:30, 1:30)、PF入射の後に行なわれています。
  • 光源マシンスタディまたはリング保守が木曜日に実施されます。原則として、PFリングは毎週、PF-ARリングは隔週に予定されます。
  • 水曜日に入射器スタディが実施されることがあります。入射器スタディが実施される場合、PFリングはトップアップ連続入射ではなく、蓄積モードで1日2回(9:00, 21:00)、450mAでの入射となります。PF-ARの入射は、他の曜日と同じです。
  • ビームダンプまたはライフ急落した場合は、できるだけ速やかに再入射を実施します。定時入射運転の場合、再入射時刻が次回定時入射の2時間前以降であれば、次回の定時入射は行ないません。

挿入光源

ページトップへ