pf

KEK

産業利用

PFは、これまで培ってきた放射光利用技術、加速器技術や、広い分野にわたる研究成果をベースとして、産官学の研究者が集う「場」を提供したいと考えています。大学共同利用以外の放射光利用のさまざまな制度を用意し、産業界の皆様がそれぞれのニーズに合った形で放射光が利用できるように支援しています。また、産官学の連携のために国が推進している事業に参画し、放射光利用によるイノベーションの創出、社会に役立つ成果の優れた創出に貢献します。

産業利用の制度

分類 概要 成果の取扱い 問合せ先 リンク
施設利用 施設の有償利用制度。
 標準ビームライン:27,300円/時間
 高性能ビームライン:53,550円/時間
成果占有、非公表とすることができる。

フォトンファクトリー
利用相談窓口

pfexconsult★pfiqst.kek.jp
★を@に変えてご利用ください。
産学連携ー施設を利用するには
共同研究 民間企業等の研究者とKEKの職員が共通の課題について共同で取り組むことにより,優れた研究成果を出すことを促進する制度。
共同研究員費(1名あたり6ヶ月以内21.6万円,6ヶ月を超えて1年以内43.2万円)および研究費を負担していただく。
原則として公開。ただし知財の扱いについては契約書で定め、権利化等に配慮する。 産学連携ー共同研究をするには
共同利用 学術的な成果の創出を目的とする研究のための利用。無償。
但し、企業がこの制度を利用する場合は、科学研究費補助金の申請資格を有する機関に所属する研究者が、研究成果を無償で社会に還元することを主目的とする場合に限られる。
公開。 PFで放射光利用実験を行うには(利用プログラム)

創薬等支援技術基盤プラットフォーム

タンパク3000プロジェクト、ターゲットタンパク研究プログラムなど、これまで実施されてきた構造生物学分野のプロジェクト成果を継承・発展させ、創薬プロセス等に活用可能な技術基盤の整備、積極的な外部開放(共用)等を行うことで、創薬・医療技術シーズ等を着実かつ迅速に医薬品等に結び付ける革新的プロセスを実現することを目的としています。

PFは当事業の解析拠点の代表機関の放射光施設として、放射光利用技術の創薬への活用を支援しています。

創薬等支援技術基盤プラットフォーム

光ビームプラットフォーム

研究・生産現場では整備することが困難な大出力のレーザーや加速器から発生する放射光を有する先端的な研究施設がネットワークを形成し、産学官の研究者による施設の利用を推進する枠組みを形成しています。より良いサービスや解析ソリューションを支援するために、施設間のデータの互換性(標準化)、複数の施設を活用した高度な解析のコーディネーション、人材育成などについて活動を行っています。

PFは当事業の代表機関の放射光施設として、他の実施機関との連携の中心的な役割を果たしています。

光ビームプラットフォーム

ページトップへ