PhotonFactory

IMSS KEK

先端技術・基盤整備グループ

グループリーダー 五十嵐 教之

光源の性能をフルに活かした研究活動が遂行できるよう、光学系、検出系、制御系、および関連する先端技術の開発を行なっています。また、それをベースとして次期光源、将来光源の活用へ向けた技術開発につなげていきます。

放射光利用研究や周辺技術開発をスムーズに進めることができるよう、施設、設備等、各種基盤の整備を行っています。

【関連記事】

主な研究分野

放射光ビームラインの設計・建設・維持管理

X線分光器の調整
軟X線ミラーの評価実験

放射光利用実験では、品質の良い光を試料に導くことが実験成果を左右する大きな要素です。これを実現するための光学系や真空技術などの要素技術の開発を行うとともに、それらを総合的に組み合わせたビームラインの設計・建設を行っています。

実験装置・測定器の技術開発

多素子半導体検出器を用いた
X線吸収微細構造(XAFS)測定装置の開発

放射光利用実験では、試料に放射光をあて、回折・散乱された光、透過した光、放出された蛍光X線や電子などを検出器で捉えています。実験装置や検出器の開発、データ収集技術など、高度な放射光実験を可能とするさまざまな技術開発を行なっています。

ビームライン・実験装置制御システムの開発

ビームライン制御系の開発

大学共同利用機関の施設であるPFでは、さまざまな分野の共同利用研究者がビームラインや実験装置を利用します。多岐にわたる研究者の要求に応えられるように拡張性が高く、かつユーザーフレンドリーな制御システムを開発しています。また、実験者が放射光X線に被ばくすることがないように、インターロックという安全システムを開発・整備しています。その他、化学物質、電気などを安全に扱うためのさまざまな技術開発をしています。

メンバー