pf

KEK

PF研究会「徹底討論!小角散乱の魅力~基礎・応用・産業利用」

2015年12月25日掲載
2016年1月18日追記

<趣旨>

 小角散乱は、ハードマター・無機・金属関連分野、生物関連分野、高分子・ソフトマター関連分野において無くてはならないツールとなっている。PFでも近年ビームラインや装置の高度化を重点的に進め、最先端の小角散乱測定ができるツールを、よりユーザーフレンドリーな環境で使えるよう整備してきており、ユーザーの裾野が大きく広がりを見せている。PFの小角散乱ユーザーグループ(小角散乱UG)も統合されてから3年が経過し、2015年にUG代表、 副代表が交代したところであり、小角散乱を取り巻く環境が大きく変わってきている。この機会に、基礎・応用・産業利用の観点から小角散乱の研究動向を徹底的に討議し、研究・実験内容に対する相互理解を進めるとともに、小角散乱になじみの浅いユーザーの方々などにも小角散乱の魅力を知って頂き、相補的技術利用による発展的研究の可能性を探ることで、より先進的な放射光利用による小角散乱研究の今後の展望について議論したい。

<概要>

日時:2016年3月30日(水)13:00頃~31日(木)15:00頃

会場:研究本館小林ホール (KEKキャンパスマップ

提案代表者: 櫻井伸一 (京都工芸繊維大学) 

所内世話人: 清水伸隆、五十嵐教之 (物構研 PF)

参加費: 無料

参加申込:ウェブ登録は終了させていただきました。この後は当日、会場にてお申し込み下さい。

【重要な締切】

  ポスター発表申し込み: 2月5日(金)->締め切りました。

  講演並びにポスター要旨提出締切:   2月19日(金)->締め切りました。

  Web申し込み締切:    3月4日(金)->締め切りました。


  懇親会参加申し込み:   3月4日(金))->締め切りました。


参考)アクセスマップ及びKEK周辺宿泊・生活ガイド

お問い合わせ:研究会事務局(pf-kenkyukai@pfiqst.kek.jp)までご連絡下さい。

<プログラム>

 3月30日(水)
12:30~ 受付開始
13:00~13:05 開会挨拶 櫻井伸一(京都工繊大) 
13:05~13:10 PF-UA会長挨拶 平井光博(群馬大)
13:10~13:20 PF施設長挨拶 村上洋一(KEK)
13:20~13:50 「高輝度放射光を活用した先端的小角X線散乱」
  雨宮慶幸(東大)
13:50~14:20
「新設BL15A2における微小角入射X線散乱法による高分子薄膜の深さ分解構造解析」
  山本勝宏(名工大)
14:20~14:50 「蛋白質溶液散乱を用いた多成分平衡状態の構造/相互作用解析の試み」
  上久保裕生(奈良先端大)
14:50~15:20 「1keVから100keVまで:金属材料における小角散乱測定の使い方」
  奥田浩司(京大)
15:20~16:50 ポスターセッション
17:00~17:30 「高輝度放射光源の設計」
  本田融(KEK)
17:30~18:00 「X線小角散乱ビームラインは今後何を目指すのか?」
  清水伸隆(KEK)
18:00~18:30 「コヒーレントX線を用いた小角散乱研究」
  篠原佑也(東大)
19:00~21:00 懇親会
 3月31日(木) 
9:00~9:30 「PF産業利用の現状と今後の展開」
  木村正雄(KEK)
9:30~10:15 「小角X線散乱を中心とした放射光によるゴムの構造解析」
  岸本浩通(住友ゴム工業)  
10:15~10:30  コーヒーブレイク
10:30~11:15 「放射光小角散乱による界面活性剤分子集合体の溶液状態解析とその製品応用」
  小倉卓(ライオン)  
11:15~11:45 「超々ジュラルミン系複層材のマイクロビーム小角散乱法による評価」
  佐藤和史(神戸製鋼)
11:45~13:00 ランチ
13:00~13:20 <若手枠>
「球状ミクロ相分離構造が配列して作る格子の小角X線散乱法を用いた構造解析」
高木秀彰(KEK-PF)
13:20~13:40 <若手枠>
「二量体形成新規人工タンパク質を用いた蛋白質ナノブロック(PN-Block)による自己組織化ナノ構造複合体の創製」
小林直也(信州大学)
13:40~15:00 パネルディスカッション
「小角散乱の今後と小角ユーザーグループの活動」

司会:櫻井伸一(京都工繊大)
パネラー:検討中
 15:00  閉会挨拶  五十嵐教之(KEK)

<講演者の皆様へ>

【発表時間について】

プログラム中の発表時間は「5分の質疑応答時間」も含んでおります。
30分の方は「発表時間25分+質疑応答5分」、45分の方は「発表時間40分+質疑応答5分」となります。
よろしくお願いいたします。

【ポスター発表について】

ポスターボードは、横1200×縦1600mmとなります。
基本はA0用紙(横841×縦1189mm)までとお考え下さい。
※ポスターの表示方向は「縦長」が標準となります。
「ポスター会場配置図」

【要旨について】

要旨提出期限:2月19日(金)までにpf-kenkyukai@pfiqst.kek.jpまでお送り下さい。
フォーマット:テンプレート(WORD)をご利用下さい(A4サイズ 1枚でお願い致します)。
順次当ホームページに掲載させていただきます。

【Proceedingsについて】

PF研究会では研究会終了後、Proceedingsの発行が義務付けられています。
KEKのデータベースシステムKISS(http://www-lib.kek.jp/KISS/kiss_prepri.html)に
登録させていただき、ウェブに掲載されますので、どうぞその点ご承知おき下さい。
講演者の皆様には発表プレゼン資料のご提出をお願い致します。

差し障りのある部分は抜いていただいて結構です。
資料はなるべく会期中に受付にお渡し下さい。

なお、ポスター発表に関しましては、
提出頂いた要旨をProceedingsに採用致しますので、
改めてご提出頂く必要はございません。

更新日  2016-3-28


ページトップへ