KEK寄附金

寄附をする

高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、寄附金事業を推進しています。


ご支援のお願い


機構長挨拶


~世界的なサイエンス拠点として、世界をリードする成果の創出を目指して~

KEKは1971年の設立以来、加速器の研究開発とこれを用いた基礎科学研究を推進し、今日では世界的な拠点の一つとなっています。また、5年後の2021年には、KEK創立50周年を迎えることになっています。

KEKは、大学共同利用機関として大学の研究者や大学院生に最先端の研究の場を提供し、わが国の学術レベルの向上に大きく貢献しています。さらに、国外からは毎年のべ2万人日を超える研究者が来訪し、共同で研究を行うと同時に、新しいサイエンスや応用研究のフロンティアを後押しする駆動力としての役割を担っております。

これまで小林・益川理論の検証、多くの複合粒子の発見、ニュートリノ振動の解明など、極微の世界や宇宙の謎に迫る重要な成果が得られています。また、放射光・中性子・ミュオンを用いた、高温超伝導体や新材料等の開発、タンパク質構造解析による創薬、医療用加速器開発など、社会や産業に直接役立つ研究においても、最先端の成果を挙げてきました。さらに、KEKは、日本の社会や子供たちに夢と希望を与えるべく、次世代の将来プロジェクトも推進しています。

KEKは今後も加速器科学のフロンティアを開拓し、世界的研究拠点としての役割を担うとともに国民と社会のための研究機関を目指してまいります。

KEKはその責務を果たすべく、日夜、努力しているところではございますが、これは皆様のご理解とご支援があって、初めて成就するものと考えております。 つきましては、ここに、皆様からの温かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げる次第です。





寄附をする

ページのトップへ戻る