KEKlogo

KEK寄附金

寄附をする

高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、寄附金事業を推進しています。


学生だけの特典




学生のみなさまだけの、キャンペーンを実施しています。

特典

小学生以上の学生の方でしたらどなたでも、1000円のご寄附で、KEKつくばキャンパス内筑波実験棟(Bファクトリー)、または、J-PARC実験施設内(ニュートリノ)に、お名前を刻ませていただきます。保護者のみなさま、お子さまやお孫さまの記念の印を残しませんか?

※キャンペーンからのご寄附でも金額に応じ称号授与などの寄附特典が受けられます。


フォームからのお手続き » ※アイティシージャパン株式会社が提供する寄附フォーム専用画面に遷移します


書面でのお手続きはこちらから


銘板掲示場所


Bファクトリー(筑波実験棟)


筑波実験棟には、B中間子の崩壊を測定するために、Belleと呼ばれる大型検出器が設置されています。Bファクトリー実験は、2008年のノーベル物理学賞を受賞される理由となった「小林・益川理論」の検証に重要な貢献を果たしましたが、現在、より効率よく、かつ高精度な測定を行なうための後継実験Belle IIへとアップグレードされています。
年間見学者数1万人を超える施設内にあなたのお名前を刻みます。



ニュートリノ(J-PARC)


J-PARCニュートリノ実験施設はKEKが中心となりT2K実験グループと共に設計・建設した最先端のニュートリノビーム生成施設です。295km離れた岐阜県飛騨市神岡町の地下1,000mに位置する東京大学宇宙線研究所の5万トン水チェレンコフ検出器「スーパーカミオカンデ」に打ち込み、ニュートリノの謎を解明する実験を行います。
2015年には、ノーベル物理学賞受賞された梶田隆章氏が、「ニュートリノが質量を持つことを証明したニュートリノ振動の発見」で素粒子研究の方向に大きな影響をあたえました。
その実験施設、J-PARC内にあなたのお名前を刻みます。


銘板イメージ

Bファクトリー(筑波実験棟)エントランス受付





寄附をする

ページのトップへ戻る