理論センター

磯 暁

磯 暁ISO, Satoshi

  • 所属グループ:弦理論・場の量子論
  • 役職:教授
    Professor
  • 居室番号:203
  • eメールアドレス:satoshi.iso-AT-kek.jp

研究内容

場の量子論や重力、超弦理論などを手掛かりにして、個々の素粒子の背後にある「真空」や「時空」の性質を探る研究を進めています。

最近、特に力を入れているのが次の二つです。

一つ目は、ヒッグス粒子の安定性(ヒエラルキー問題)や宇宙項問題、そして質量スケールの起源に関する問題です。これらは、標準的な場の量子論の枠組みでは解決が困難な問題であり、これまでの「真空」の考え方を変える必要があるでしょう。私はこれまでの場の理論とは異なる枠組みでこの問題を捉え直す研究をしています。

もう一つの研究テーマは、時空の熱力学とその微視的起源です。ブラックホールや加速運動する観測者には、地平面とよばれる時空の因果的境界が発生し、それに付随した熱力学関係式が成立します。時空が熱力学的性質を示すことは、その背後に「時空アトム」のような微視的構造があることを示唆しているのでしょうか。私は、地平面での量子効果や非平衡熱力学、超弦理論、行列模型などを使って、微視的な時空の起源を探る研究を行っています。

これら以外にも、自分が面白いと感じ、人とは異なる独自の視点で取り組めると思ったテーマには、積極的に取り組んでいます。

経歴

1991年3月 東京大学大学院理学系研究科修了(理学博士)
1991年4月 学振特別研究員 京都大学基礎物理学研究所(宇治)
1992年4月 東京大学理学部物理学科助手
1996年5月 高エネルギー加速器研究機構 助教授
1996年9月 プリンストン高等研究所(IAS)メンバー
2005年3月 マサチューセッツ工科大学(MIT)客員
2006年4月 高エネルギー加速器研究機構 准教授
2010年5月 高エネルギー加速器研究機構 教授

論文リスト

Stochastic Equations in Black Hole Backgrounds and Non-equilibrium Fluctuation Theorems
Satoshi Iso, Susumu Okazawa
Nucl.Phys. B851 (2011) 380-419.

Stochastic Analysis of an Accelerated Charged Particle
Satoshi Iso, Yasuhiro Yamamoto, Sen Zhang.
Phys.Rev. D84 (2011) 025005.

Non-Equilibrium Fluctuations of Black Hole Horizons
Satoshi Iso, Susumu Okazawa, Sen Zhang.
Physics Letters B (2011)

The minimal B-L model naturally realized at TeV scale
Satoshi Iso, Nobuchika Okada, Yuta Orikasa.
Phys.Rev. D80 (2009) 115007.

Higher-spin Currents and Thermal Flux from Hawking Radiation
Satoshi Iso, Takeshi Morita, Hiroshi Umetsu.
Phys.Rev. D75 (2007) 124004.

Anomalies, Hawking radiations and regularity in rotating black holes
Satoshi Iso, Hiroshi Umetsu, Frank Wilczek.
Phys.Rev. D74 (2006) 044017.

Hawking radiation from charged black holes via gauge and gravitational anomalies
Satoshi Iso, Hiroshi Umetsu, Frank Wilczek.
Phys.Rev.Lett. 96 (2006) 151302.

Ginsparg-Wilson relation, topological invariants and finite noncommutative geometry
Hajime Aoki, Satoshi Iso, Keiichi Nagao.
Phys.Rev. D67 (2003) 085005.

Noncommutative gauge theory on fuzzy sphere from matrix model
Satoshi Iso, Yusuke Kimura, Kanji Tanaka, Kazunori Wakatsuki.
Nucl.Phys. B604 (2001) 121-147.

Wilson loops in noncommutative Yang-Mills
Nobuyuki Ishibashi, Satoshi Iso, Hikaru Kawai, Yoshihisa Kitazawa.
Nucl.Phys. B573 (2000) 573-593.

Noncommutative Yang-Mills in IIB matrix model
H.Aoki, N.Ishibashi, S.Iso, H.Kawai, Y.Kitazawa, T.Tada.
Nucl.Phys. B565 (2000) 176-192.

Space-time structures from IIB matrix model
H.Aoki,S.Iso, H.Kawai, Y.Kitazawa, T.Tada.
Prog.Theor.Phys. 99 (1998) 713-746.

Anyon basis of c = 1 conformal field theory
Satoshi Iso.
Nucl.Phys. B443 (1995) 581-595.

Fermions in the lowest Landau level:
Bosonization, W infinity algebra, droplets, chiral bosons
Satoshi Iso, Dimitra Karabali, B. Sakita.
Phys.Lett. B296 (1992) 143-150.

One-dimensional fermions as two-dimensional droplets via Chern-Simons theory
Satoshi Iso, Dimitria Karabali, B. Sakita.
Nucl.Phys. B388 (1992) 700-714.

Canonical formulation of quantum tunneling with dissipation
Kazuo Fujikawa, Satoshi Iso, Misao Sasaki, Hiroshi Suzuki.
Phys.Rev.Lett. 68 (1992) 1093-1096.

その他

最近の日本語での解説など

数理科学2011年10月号(特集 時空と熱力学) 「時空の散逸と熱揺らぎ」
パリティ2009年 ノーベル物理学賞記念増刊(破れた対称性)「物理学の巨人 南部先生」
数理科学2007年12月号(特集 時空への問いかけ)「時空とは何だろうか」

翻訳
現代的な視点からの場の量子論(シュプリンガー社 ナイヤ著) 
全2巻 基礎編、発展編