高エネルギー加速器研究機構 共通基盤研究施設

機械工学センター

機械工学センターの業務内容

機械工学センターは、機械工学を専門とする研究者と技術者とで構成された研究支援センターです。 共通基盤研究施設を構成する一角として、KEKの職員・研究者や学生などが使用する実験機器や装置の設計・製作をはじめ、設計・加工の支援、研究プロジェクトへの参加、資材の出庫、外部企業の橋渡しなど、多岐にわたる研究支援を行っています。将来的な支援活動に必要な機械工学関連技術については、センターが主体となって研究活動を行っています。さらに、機械技術講習会等を開催して,教育・人材育成も担っています。

(左) 超伝導加速空洞の製造技術の開発 (右) 常伝導Xバンド加速管の開発

(左) 実験機器等の製作 (右) 機械技術講習会の様子

詳しくはこちら

 

totop