高エネルギー加速器研究機構 共通基盤研究施設

「逆転の発想「ラビ振動分光」でミュオニウム原子を精密に測定」がKEK-HPに 掲載

「逆転の発想「ラビ振動分光」でミュオニウム原子を精密に測定」がKEKニュース・プレス発表に掲載されました。
共通基盤研究施設・超伝導低温工学センターはこの研究に参加し、ミュオニウム生成標的であるクリプトンガスの分析と純度評価に関して貢献しました。また将来に向けて強磁場を提供する超伝導磁石の導入に協力しています。

逆転の発想「ラビ振動分光」でミュオニウム原子を精密に測定 (KEKニュース・プレス発表)

totop