トピックス

ILCの科学的な重要性への揺るぎない信念:世界の科学者からの国際リニアコライダー実現に向けた声明

KEKも参加するリニアコライダー・コラボレーション(LCC)からのプレスリリースを翻訳転載します。 KEKは加速器空洞や超伝導リニアック加速器、試験加速器、測定器の開発/設計、ILC加速器本体や周辺施設の全体設計、そしてILC実験のシミュレーション研究を進め、リニアコライダーの実現に向け貢献しています。

 

2018年10月25日、テキサス州アーリントンにて

リニアコライダーに関する国際会議(LCWS2018)に参加し、将来の粒子加速器について話し合うため、米国、テキサス州、アーリントンに集まった科学者は、国際リニアコライダー(ILC)計画の日本での実現に向け、あらゆる努力を惜しまないとの強い決意を表明する声明「テキサス宣言」を発表しました。

世界の高エネルギー物理研究者は、すでに2015年には東京で、2018年5月には福岡県で開催された国際会議でILCの科学的意義と技術的メリットを強調する声明を出しています。 テキサス宣言で、リニアコライダー・コラボレーション(LCC)とLCWS2018の参加者は、ILCへの揺るぎない信念と、ILCの実現に対する強固な決意を再度表明します。

声明文本文はこちらから。

PAGE TOP