KEK50周年記念オンライン一般公開2021

KEK寄附金特設サイト2021
帰ってきた! KEK鑑定団&Youは何しにKEKへ?
9月4日

参加プログラム

KEK一般公開2021オンライン「加速器だから見える世界.」 に参加します

9月4日(土)と9月5日(日)の2日間、KEK一般公開をオンラインで開催します。 KEKの50年を振り返るとともに、これからの輝く50年を展望する、楽しいお祭りとしたいと思います。

KEK寄附金では、下記のプログラムに参加いたします。ぜひ、ご覧ください。

一般公開は終了いたしました。多くの皆様にご参加いただき誠にありがとうございました。

12GeV陽子加速器

12GeV陽子シンクロトロンは1976年から2005年12月末まで、約30年に渡り運転を続けていたKEKで一番長い歴史を持つ加速器です。高エネルギー物理学をはじめ、中性子・中間子ビームを用いた物質科学など幅広い分野の研究に使われてきました。

K2K実験

KEKの陽子加速器を用いて人工的に作ったニュートリノビームを、250キロ メートル離れた観測装置スーパーカミオカンデに打ち込みます。ニュートリノが 飛行するうちに生成時とは別の種類のニュートリノに変化することを捉える、世 界で初めての長基線ニュートリノ振動実験でした。K2Kの実験をふまえ2009年か らT2K実験が実施されています。

Belle実験

縦・横・高さが8メートル、総重量1400トンの巨大な測定器Belle(ベル)は、KEKB加速器により大量生産されたB中間子の崩壊現象で粒子・反粒子の対称性の破れなどを発見した測定装置です。現在Belle2にアップグレードされ、世界各国の研究者たちとともに国際共同プロジェクトとしてBelle2実験が始動されています。

売払い対象機器

売払い企画は終了いたしました。多くの方からお問い合わせをいただきありがとうございました。