理論センター

熊野 俊三

熊野 俊三KUMANO, Shunzo

  • 所属グループ:ハドロン・原子核
  • 役職:教授
    Professor
  • 居室番号:313・東海224
  • eメールアドレス:shunzo.kumano-AT-kek.jp

研究内容

研究分野:ハドロン・原子核理論、ハドロンや原子核の内部構造に関する研究

核子は基本粒子であるクォークやグルーオンから構成されている。核子や原子核をクォーク・グルーオン物理の立場で詳細に理解することは、現在の標準理論を超える現象を発見するために、重イオン核反応によってクォーク・グルーオンプラズマの性質を調べるために、さらに高エネルギー領 域における核子や原子核の基本的構造のメカニズムを解明するために重要である。この核子や原子核の構造を理解するために、特にパートン分布関数、破砕関数や高エネルギーハドロン反応に関する研究を行っている。最近は、核子スピン構造の起源、核子トモグラフィー、エキゾチックハドロ ンの研究に興味を持っている。研究の詳細は個人のホームページに記載されている。

個人のホームページ

論文リスト