理論センター

西村 淳

西村 淳NISHIMURA, Jun

  • 所属グループ:弦理論・場の量子論
  • 役職:准教授
    Associate Professor
  • 居室番号:214
  • eメールアドレス:jnishi-AT-post.kek.jp

研究内容

超弦理論に数値シミュレーションの方法を適用することにより、ブラックホールの内部構造や宇宙創成に関する研究を行っています。
特に、超弦理論を非摂動的に研究するために開発した新しい方法を用いて、 ビッグバン宇宙論や素粒子の標準模型に関する様々な謎に取り組んでいます。

経歴

1993年 12月 高エネルギー物理学研究所(現、高エネルギー加速器研究機構)
日本学術振興会 特別研究員 DC
1995年 3月 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 博士課程修了
1995年 4月 高エネルギー物理学研究所(現、高エネルギー加速器研究機構)
日本学術振興会 特別研究員 PD
1995年 8月 名古屋大学 理学部 物理学教室 E研 助手
1996年 4月 名古屋大学 大学院 理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 助手に配置換え
(名古屋大学 理学部 物理学教室 助手 兼担)
1998年 11月 デンマーク、ニールス・ボーア研究所、日本学術振興会 海外特別研究員
2000年 11月 デンマーク、ニールス・ボーア研究所、Research Assistant Professor
2001年 11月 名古屋大学 大学院 理学研究科 素粒子宇宙物理学専攻 助手に復職
(名古屋大学 理学部 物理学教室 助手 兼担)
2003年 4月 高エネルギー加速器速器研究機構 素粒子原子核研究所 助教授
(総合研究大学院大学 素粒子原子核専攻 教官併任)
2007年 4月 高エネルギー加速器速器研究機構 素粒子原子核研究所 准教授
(総合研究大学院大学 素粒子原子核専攻 併任准教授)

論文リスト

[1] M.Hanada, J.Nishimura, Y.Sekino and T.Yoneya,
``Monte Carlo studies of Matrix theory correlation functions,''
Physical Review Letters 104 (2010) 151601.

[2] M.Hanada, Y.Hyakutake, J.Nishimura and S.Takeuchi,
``Higher derivative corrections to black hole thermodynamics from
supersymmetric matrix quantum mechanics,''
Physical Review Letters 102 (2009) 191602.

[3] M.Hanada, A.Miwa, J.Nishimura and S.Takeuchi,
``Schwarzschild radius from Monte Carlo calculation of the Wilson loop
in supersymmetric matrix quantum mechanics,'' 
Physical Review Letters 102 (2009) 181602.

[4] G.Ishiki, S.-W.Kim, J.Nishimura and A.Tsuchiya,
``Deconfinement phase transition in N=4 super Yang-Mills theory
on R×S3 from supersymmetric matrix quantum mechanics,''
Physical Review Letters 102 (2009) 111601.

[5] K.N.Anagnostopoulos, M.Hanada, J.Nishimura and S.Takeuchi,
``Monte Carlo studies of supersymmetric matrix quantum mechanics with
sixteen supercharges at finite temperature,''
Physical Review Letters 100 (2008) 021601.

[6] M.Hanada, J.Nishimura and S.Takeuchi,
``Non-lattice simulation for supersymmetric gauge theories in one dimension,''
Physical Review Letters 99 (2007) 161602.

[7] T.Azuma, S.Bal, K.Nagao and J.Nishimura,
``Nonperturbative studies of fuzzy spheres in a matrix model with the Chern-Simons term'',
Journal of High Energy Physics 0405 (2004) 005.

[8] J.Ambjorn, K.N.Anagnostopoulos, J.Nishimura and J.J.Verbaarschot,
``The factorization method for systems with a complex action:
A test in Random Matrix Theory for finite density QCD'',
Journal of High Energy Physics 0210 (2002) 062.

[9] J.Nishimura and F.Sugino,
``Dynamical generation of four-dimensional space-time in the IIB matrix model'',
Journal of High Energy Physics 0205 (2002) 001.

[10] K.N.Anagnostopoulos and J.Nishimura,
``New approach to the complex-action problem and
its application to a nonperturbative study of superstring theory'',
Physical Review D 66 (2002) 106008.

[11] J.Nishimura and G.Vernizzi,
``Brane world generated dynamically from string type IIB matrices'',
Physical Review Letters 85 (2000) 4664.

[12] J.Ambjorn, K.N.Anagnostopoulos, W.Bietenholz, T.Hotta and J.Nishimura,
``Monte Carlo studies of IIB matrix model at large N'',
Journal of High Energy Physics 0007 (2000) 011.

[13] J.Ambjorn, Y.M.Makeenko, J.Nishimura and R.J.Szabo,
``Lattice gauge fields and discrete noncommutative Yang-Mills theory'',
Journal of High Energy Physics 0005 (2000) 023.

[14] J.Ambjorn, K.N.Anagnostopoulos, W.Bietenholz, T.Hotta and J.Nishimura,
``Large N dynamics of dimensionally reduced 4D SU(N)
super Yang-Mills theory'', 
Journal of High Energy Physics 0007 (2000) 013.

その他

プレスリリース 2008年1月16日
ブラックホールの内部構造、解明へ
- 超弦理論の予測をスパコンで検証 -
http://www.kek.jp/ja/news/press/2008/BlackHole.html

新聞発表
2008年1月16日朝刊:朝日、日経、産経、茨城、日刊工業
2008年1月20日朝刊:毎日
2008年2月10日朝刊:読売

CERN Courier (2008年3月号) NEWS
“Superstrings reveal the interior structure of a black hole”

KEK広報のページ 
ブラックホールの内部を探る    2008年1月17日
~ 超弦理論でシミュレーション ~
http://www.kek.jp/newskek/2008/janfeb/BlackHole.html

別冊数理科学2008年10月号「量子重力理論- 広がる多彩な最前線 -」
「超弦理論の数値シミュレーション」

パリティ 2004年10月号
「スーパーストリング,究極の理論か空虚なる理論か」
L. サスカインド著、 西村 淳 訳

ホームページにおける情報公開
http://research.kek.jp/people/jnishi/