オープンイノベーション推進部

KEK保有のプログラム

実用新案

No.
プログラムの名称 プログラムの概要 公開場所
269 データ収集ミドルウェア1 粒子物理学実験のためのデータ収集(DAQ)用プログラムで、以下のソフトウェアコンポーネントから成る。

1.データ読み出しコンポーネント
 1) CAMAC読み出しコンポーネント
 2) Copper 読み出しコンポーネント
 3) SiTCP読み出しコンポーネント
2.データ集約コンポーネント
3.データ分散コンポーネント
4.データ記録コンポーネント
5.データ解析コンポーネント
6.ステータス記録コンポーネント
7.オペレータコンポーネント
DAQ-Middleware
338 粉末結晶構造解析支援ソフトウェアZ-Code 結晶学的解析アプリケーションの統合パッケージであり、高度に熟覧した経験を要する従来型の結晶構造解析ソフトウェアとは相対し、仕様を一新して初心者的なユーザーにとっても平易に利用できる環境を提供する。

Z-Codeは以下のパッケージから構成される。

・Z-Rietveld
 リートベルト法に基づいて構築された結晶学的解析アプリケーション及びそれを含むサブパッケージ
・Z-MEM
 最大エントロビー法に基づいて構築された結晶学的解析アプリケーション及びそれを含むサブパッケージ
Download the Z-Rietveld
339 PHITS (Particle and Heavy Ion Transport code System) 重粒子の物質内の輸送計算をモンテカルロ法で解く手法である。陽子や軽粒子などで使われている手法を重粒子へ拡張したものである。

(1) 物質に入射した重粒子がどこで原子核反応を起こすかを反応断面積と一様乱数を用いて  決定し飛行距離を算出する。
(2)飛行距離に応じたエネルギーロスを阻止能モデルで評価してエネルギーを更新する。
(3)原子核反応を原子核反応モデルで計算する。
(4)生成したすべての二次粒子に対し(1)からまた計算する。
原子力コードセンター
592 STARS(Simple Transmission and Retrieval System) 比較的小規模なシステム向けの制御用ソフトウェアで、一つのサーバプログラム(STARS Server)と複数のクライアントプログラム(STARS Client)から構成される。それぞれのSTARS ClientはSTARS ServerにTCP/IP Socketを利用して接続され、テキストベースのメッセージをやり取りする事で、制御用ソフトウェアとして機能する。

STARS ServerはPerlで記述されており、様々なOS上で動作する。システムの機能追加は新たにSTARS Clientを作成することにより実現するがその際開発者はTCP/IP Socketとテキストの扱いが可能であれば、様々なオペレーティングシステムや開発言語を利用することが出来る。また、より開発を容易にするための各種開発言語向けのライブラリも用意されている。

STARSは以下のような特徴を有している。

 ・マルチプラットフォーム
 ・シンプル
 ・高い拡張性
 ・クライアント接続時の認証機能
 ・コマンドの制御機能
STARS

IMSS-PhotonFactory / STARS-Core
636 mbtrack リング型加速器を周回する電子ビームをトラッキングするコードで、本コードを用いるとリング型加速器内に存在する各種インピーダンスについて、その存在が電子ビームに与える影響を調査することができる。
 既存の mbtrack コードにRF空洞のような非常に高いQ値を持つ場合にも、トラッキングを可能とするための改造を行った。また、同時に実際のRF空洞に付随する外部高周波電力源と空洞電圧フィードバック機構をモデル化し導入した。
GitLab.com
651-30 RS232C Terminal Windows OS上で動作し、RS232Cなどのシリアル通信ポートを介してデータを送受信するための汎用ソフトウェア。

・シリアルポートの自動認識
・接続パラメータの設定
・バイナリモード、アスキーモード両対応の送信機能
・バイナリモード、アスキーモード両対応の受信機能
の機能を備える。
本ソフトウェアはスタンドアローンで動作し、幅広いシーンでの利用が可能。
IMSS-PhotonFactory / RS232C_TerminalTools
651-34 StarsInterface2 NETプログラム開発において放射光実験施設で採用されているデバイス制御システムであるSTARSとの接続及び通信を簡便にするためのライブラリソフトウェア。

・STARSサーバーへの認証付き接続機能(STARSクライアント機能)
・STARSサーバーへのメッセージ送信機能
・STARSメッセージ受信機能
・メッセージ受信イベント配信機能

本ソフトウェアを利用することにより、TCP/IPソケット通信部分をプログラムすること無くSTARSサーバーとのメッセージ送受信が可能となる。.NETに準拠したライブラリであるためC#、C++、VBといった.NETプログラミング言語で広く利用可能。
IMSS-PhotonFactory / StarsInterface2
656 epics-f3rp61 ・本プログラムはEPICSをF3RP61/F3RP71のI/Oライブラリにインタフェースします。
・EPICSは加速器等の大型実験装置の制御に供されるソフトウェア・ツールキットです。
・EPICSはアルゴンヌ国立研究所を中心とした世界的コミュニティにより開発、維持されています。
・EPICSはEPICS Open Software Licenseの下で公衆に流布されています。
・F3RP61は横河電機株式会社製のFA-M3 PLCのCPUモジュールです。
・F3RP61はLinuxをOSとして採用しています。
・上記Linuxにはリアルタイム応答性のあるオプショナルなカーネルがあります。
・F3RP61はFA-M3 の殆どの入出力モジュール等へのアクセスをサポートしています。
・F3RP61はラダー・プログラムを実行する従来型のCPUと併用することが可能です。
・本プログラムはFA-M3のデジタル入力モジュールからの割込みに対応しています。
・本プログラムは従来型のCPUとの共有メモリを介した通信をサポートしています。
・本プログラムは横河電機株式会社のFL-netをサポートしています。
・本プログラムは従来型のCPUの内部リレー、内部レジスタへのアクセスをサポートしています。
・本プログラムは従来型のCPUの特殊リレー、特殊レジスタへのアクセスをサポートしています。
・本プログラムはEPICSの主要なレコード型をサポートしています。
・本プログラムとEPICS シーケンサを組み合わせることによって等価な機能を実装したラダー・プログラムより可読性の高いプログラムを作成することができます。
・F3RP71はF3RP61の後継機種であり、メモリ容量、CPUの処理能力が格段に向上しています。
・本プログラムはF3RP61とF3RP71のどちらもサポートしています。
EPICS-F3RP61 / epics-f3rp61
ページトップへ戻る