総合研究大学院大学 高エネルギー加速器科学研究科 物質構造科学専攻

専攻長メッセージ

物質構造科学専攻は、高エネルギー加速器研究機構(KEK)・物質構造科学研究所を基盤研究機関とし、総合研究大学院大学・高エネルギー加速器科学研究科に属する専攻です。

物質構造科学研究所では、加速器を利用して発生する放射光・中性子・ミュオン・低速陽電子の4つの量子ビームの先端的利用および複数のビームによるマルチプローブ利用によって生命体を含む物質構造科学研究を行う、世界で唯一の研究所です。つくばキャンパスでは、日本ではじめて専用X線光源として利用が開始された放射光実験施設(フォトンファクトリー, PF)および低速陽電子実験施設で、東海キャンパスのJ-PARC物質・生命科学実験施設(MLF)では、中性子とミュオンの世界最高強度のビームを用いて、物質・生命科学研究が行われています。

物質構造科学専攻では、これらの量子ビームを用いて行う物質構造科学の研究において、将来その実験的・理論的研究の最先端を担い、この研究分野の発展、さらには持続可能社会の発展に貢献しうる人材の養成を目的しています。本専攻の修了生は、PFやMLFをはじめとする国内外の量子ビーム施設で中核的な研究者として活躍しているほか、大学や民間研究機関で量子ビームの利用研究を推進し、一線で活躍する人材となっています。

本専攻において、量子ビームの発生や加工、およびビームの先端的利用法の開発、さらには、ビーム利用による世界最先端の物質・生命科学研究を専門とする研究者の指導により世界で活躍できる研究者となることを期待しています。



熊井 玲児
総合研究大学院大学・物質構造科学専攻 専攻長
高エネルギー加速器研究機構・物質構造科学研究所 教授
ページ先頭へ戻る