KEK

国際リニアコライダー

International Linear Collider (ILC) 公式サイト

日本物理学会(第73回年次大会(2018年)が東京理科大学(野田キャンパス)にて開催

RECENT POSTS

【KEKのひと #28】「10年後には何者かになれているんだろうか?」青木優美(あおき・ゆうみ)さん

「未来を予測する学問は、物理しかないと思うんです」。そう力を込めるのはKEKつくばキャンパス内にある総合研究大学院大学(総研大)高エネルギー加速器科学研究科2年の青木優美さん。「卒業後の進路は未定」という彼女自身の未来は、物理で予測できるのか?2018.3.5

【第65回 応用物理学会春季学術講演会特別シンポジウム】(2018年3月17日)

3月17日(土)、早稲田大学西早稲田キャンパス(東京都新宿区)において、第65回 応用物理学会春季学術講演会特別シンポジウム「物質と宇宙の基礎研究とそれがもたらす最先端産業技術」が開催されます。2008年ノーベル物理学賞受賞の小林誠氏(KEK特別栄誉教授)が「基礎科学と加速器」と題する特別講演を行います。また、駒宮幸男氏(東京大学理学部)が「ILC計画とその物質的意義」、鈴木厚人氏(岩手県立大学学長)が「ILC国際研究所が日本にもたらすもの」をテーマに講演します。2018.1.24

KEKキャラバン 好評派遣中!(2017年8月~9月のまとめ)

2017年8月と9月には、岩手、千葉、静岡、徳島、広島、神奈川、東京に18件派遣しました。 参加者からは 「物理の分野について聞くことで考えてみることができるよいきっかけになりました」 「にんげんやおかしがみんなおなじものでふしぎだったです」 「科学が発展してもわからないことって多くあるんだと感じた」 などの感想が寄せられました。2018.1.16

【ICFA 250GeVのILC加速器建設を支持しILC早期実現を奨励】
(2017年11月8日)

「国際将来加速器委員会(ICFA)」は、いわゆる「ヒッグス・ファクトリー」として250ギガ電子ボルト(GeV)で運用する国際リニアコライダー(ILC)の建設を支持する声明を発表しました。 声明の中でICFAは、ILC計画を継続的に支持するとともに、ILCを日本のイニシアチブによる国際プロジェクトとして、時宜を得て実現をすることを強く奨励しました。2017.11.10

【ILC寄附金ニュース】

ILC を紹介する動画が完成しました。このビデオは、アメリカ物理学会(APS)がWebedgeエデュケーションとのパートナーシップの元に運営する「APS TV」のコンテンツとして作成されたもので、東京大学、岩手県立大学、先端加速器科学技術推進協議会と高エネルギー加速器研究機構が協力しました。皆様からいただきましたご寄付を動画作成の一部として使わせていただきました。温かいご寄付に心より感謝申し上げます。2017.9.29

【トピックス】講演会「加速器と先端計測を駆使して宇宙の謎に迫る」を開催しました 

素粒子物理学分野での世界的リーダーの一人で、カリフォルニア大学バークレー校の村山斉教授と、世界の宇宙線観測分野の第一人者で、早稲田大学宇宙科学観測研究所長の鳥居祥二教授による講演会「加速器と先端計測を駆使して宇宙の謎に迫る」が6月20日、同大学井深大記念ホールで開催されました。
2017.6.26

物理と測定器

ILC で発見が期待される様々な新粒子、新現象について詳細なシミュレーション研究を行い、ILC によってどこまで宇宙創成の謎に迫れるか研究しています。また、シミュレーションに基づき、衝突点に置かれる巨大な粒子検出器システムの設計の最適化を行うと共に、反応点検出器、中央飛跡検出器、超伝導電磁石などの主要な測定器要素や、測定器と加速器の接続部分について、研究開発や設計を進めています。