imss

KEK

大学連携

大学連携
佐伯浩北大学総長と鈴木厚人KEK機構長
(画像提供:北海道大学)

物構研が所属する 高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、研究開発能力及び人材を活かし、物質科学研究、生物科学、量子ビーム科学、触媒化学、などの個別研究領域の推進を図るとともに、人材の育成、人材交流を発展させ、世界第一線で先導的な役割を果たすべく、異分野融合型の研究開発の連携・協力を積極的に推進しています。
連携協力協定を締結している実施内容と大学は以下の通りです。

【連携協力事業の実施内容】
連携協力を円滑且つ効率的に推進するため、必要に応じ連携プロジェクトを個別に設置し、実施する。
(1)共同研究の推進
(2)研究施設、設備等の相互利用を通じた戦略的な研究拠点の構築
(3)研究者の研究交流を含む相互交流
(4)人材育成の推進及び相互支援
(5)情報発信の相互支援及び共同実施
(6)その他、本協定の目的遂行上必要な事項


KEK-九州大学

九州大学と高エネルギー加速器研究機構が連携協定を締結
― 互恵の精神に基づく連携協力を促進し、学術や科学技術の振興に取り組む ―

平成25年5月16日

九州大学(総長 有川 節夫)と高エネルギー加速器研究機構(機構長 鈴木 厚人)は、平成25年5月16日(木)に、互恵の精神に基づく連携・協力を促進し、学術及び科学技術の振興に寄与することを目的に、組織対応型連携協定を締結します。


KEK-北海道大学

北海道大学と高エネルギー加速器研究機構が連携協力協定を締結
― 日本中の研究者が活用できる触媒の構造・機能解析システム発展に寄与 ―

平成22年7月1日

国立大学法人北海道大学(以下、北海道大学 総長 佐伯 浩)と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(以下、KEK 機構長 鈴木 厚人)は、我が国の学術研究と教育の発展、加速器科学技術の向上に新たな重要な役割を果たすことを目的とし、2010年7月1日に連携協力協定を締結しました。


KEK-筑波大学

国立大学法人筑波大学と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構との連携協力協定について

平成22年5月27日

国立大学法人筑波大学(学長 山田信博 以下「筑波大学」)と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(機構長 鈴木 厚人、以下「KEK」)は、両機関の連携・協力を促進し、相互の研究開発能力及び人材等の総合力を発揮することが、我が国の学術及び科学技術の振興に重要な役割を果たすことに鑑み、連携・協力に関する協定を締結いたします。


2010.05.27
「筑波大-KEK連携事業キックオフ・シンポジウム」を開催

KEK-東北大学

国立大学法人東北大学と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構との 連携協力協定について

平成21年2月19日

国立大学法人東北大学(宮城県仙台市 総長 井上 明久、以下「東北大学」)と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市 機構長 鈴木 厚人、以下「KEK」)は、素粒子原子核科学、物質生命科学、加速器科学等に関連する研究領域において、研究開発、人材育成等、相互協力が可能な全ての分野において、互恵の精神に基づき具体的な協力を有機的に推進していくことを実現するため、連携協力協定を締結いたします。


KEK-名古屋大学

国立大学法人東北大学と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構との 連携協力協定について

平成20年7月14日

国立大学法人名古屋大学(名古屋市千種区不老町、総長 平野眞一、以下「名古屋大学」)と大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市、機構長 鈴木厚人、以下「KEK」)は、平成20年7月14日、我が国の基礎物理学、物質科学などに関する学術研究および教育の発展、並びに加速器科学や材料科学などに関する科学技術の発展に資するため、両機関の更なる研究開発、教育・人材育成等の幅広い分野での連携、地域社会への貢献を目的とした連携協力協定を締結いたしました。

2008.07.16
KEKと名古屋大学との連携協力協定の締結について

ページトップへ