IMSS

KEK

物質構造科学研究所量子ビーム研究支援事業 公聴会開催のお知らせ

2015年8月28日

物質構造科学研究所量子ビーム研究支援事業で公募の結果 14件の応募が有り、量子ビームプローブの協奏的利用、水素・スピンに関わる研究、プローブの先端性向上、若手研究者の育成などの観点から慎重な書類審査を行った結果、以下の研究提案について公聴会での発表を行うことになりました。
ご興味のある方はどうぞご聴講ください。

日時:平成27年9月28日(月)13:30-15:30

場所:4号館2階輪講室2

プログラム:

13:30-14:00
「高圧氷の秩序-無秩序相転移に与える塩の影響」(東大・理 小松 一生)
14:00-14:30
「量子ビームを利用したアナターゼTiO2 表面の水素吸着による金属絶縁体転移の観測と表面超構造の決定」(KEK・放射光科学第一研究系 湯川 龍)
14:30-15:00
「放射光X線・中性子散乱で観る膨潤イオン液体のナノ構造とダイナミクス」(KEK・中性子科学研究系 根本 文也)
15:00-15:30
「複合的な量子ビーム利用によるT’構造銅酸化物超伝導体における局所構造の研究」(東北大・金研 鈴木 謙介)

各人とも、発表15分、質疑応答15分

以上

物構研所長 山田 和芳