> KEKトップ > 加速器研究施設 > 一般・研究者向けページTOP
Last Updated:

加速器はKEKで行われている科学研究の基盤です。

加速器は高エネルギー加速器研究機構(KEK)で行なわれている研究活動の基盤です。そもそも加速器というものがなければ、KEKの存在意義はありません。加速器研究施設はKEKのすべての加速器の運転維持とビーム性能の向上を通じて、素粒子・原子核物理や・物質・生命科学などの加速器共同利用実験の基盤=ビームを、日本と世界の研究者に提供しています。また、さまざまな将来の加速器科学と関連技術の研究開発に取り組んでいます。

つくばキャンパスでは、小林・益川理論を実証し、2008年のノーベル物理学賞の受賞に貢献したKEKB・Bファクトリー(電子陽電子リングおよびリニアック)をアップグレードして、飛躍的に高いビーム性能をめざすSuperKEKB・Bファクトリーの運転が開始されました。また、シンクロトロン放射光利用の世界的パイオニアであるフォトンファクトリー(PFPF-AR)や低速陽電子実験施設などで、加速器の共同利用・共同研究を推進するとともに、次期放射光源の候補のひとつである「KEK放射光」のための研究開発に取り組んでいます。さらに、国際リニアコライダー(ILC)のための技術開発を試験加速器ATFSTFなどで行なっています。

東海キャンパスでは、原子力機構とKEKが共同で、大強度陽子ビームの提供を目指すJ-PARC加速器の供用運転を開始し、大強度ビームに伴う様々な困難を克服しつつ、その性能向上に奮闘中です。

加速器研究施設では米国(FNALSLACCornell大学JLab等)、アジア(北京IHEP上海浦項台湾BINPRRCAT等)、ヨーロッパ(CERNDESYINFNCEASTFC 等)などの世界の加速器研究者とさまざまな研究協力・交流を展開しています。また、企業等外部機関との共同研究により、医学利用・産業応用のための加速器の研究開発を進めています。

その他、加速器等についてご質問がありましたら、加速器施設長 山口誠哉(電話:029-864-5689 mail: seiya.yamaguchiatkek.jp)までご連絡くだされば詳しくご説明します。

最新情報

title加速器研究施設 トピックスtitle

・第37回PFシンポジウムをオンラインで開催 (2020.10.27)
【物構研トピックス】9月27日、第37回PFシンポジウムがオンラインで開催されました。2020年3月に開催予定だった2019年度量子ビームサイエンスフェスタ(第11回MLFシンポジウム/第37回PFシンポジウム)のうち、PFシンポジウムおよびPF-UA総会について代替開催したものです。フォトンファクトリー(PF)とPFユーザーアソシエーション(PF-UA)の共同主催で、学術セッションは設けられず、午前中は「PF施設報告」、午後は「PFの将来計画」および「PF-UA総会」がプログラムされました。日本国内各地の大学・研究所・民間企業の研究者・学生はもとより、アジア・欧米地域からの参加もあり、参加者数は179名となりました。 ---続きを読む

・ 大学共同利用機関シンポジウム2020を開催 (2020.10.23)
Highlights 大学や企業の研究者に研究資源や実験装置などを提供する大学共同利用機関が集まってその研究内容を紹介する「大学共同利用機関シンポジウム2020~宇宙・物質・エネルギー・生命・情報・人間文化:オンラインで研究者と話そう~」が10月17日(土)18日(日)の2日間、同シンポとしては初のオンライン形式で開かれ、KEKは17日の研究トークと18日のバーチャル展示に参加しました。同シンポジウムは文部科学省の後援で2010年から毎秋開かれており、今回で11回目です。 ---続きを読む

・ 技術職員の海外研修報告会を開催 (2020.10.8)
Highlights 令和2年度技術セミナーとして、CERN派遣研修でスイス、フランスに行かれた加速器研究施設小玉恒太氏と、長期海外派遣でDESY(ドイツ)に行かれた物質構造科学研究所 放射光実験施設 石井春乃氏による帰国報告会を9月17日(木)にKEKつくばキャンパス 研究本館小林ホ-ルで開催しました。併せてCERN派遣研修(技術職)募集説明会も行われ、ATLAS実験参加機関(14機関)の方の数名のリモート参加を含めて、約80名の参加がありました。 ---続きを読む

・ 高エネルギー加速器セミナー(OHO’20)開催 (2020.10.7)
Highlights 2020年9月8日〜11日までの4日間にわたり「ビーム診断の基礎」と題して、高エネルギー加速器セミナーOHO’20が開催されました。同セミナーは若手研究員の育成や、企業の研究者の加速器科学への理解を深める事を目的として、1984年以来毎年開催されているものです。
企業、研究所、技術者、大学などの研究者、大学院生、大学生などから参加申し込みがありましたが、今回はオンラインによるリモート方式での開催という事もあり、例年に比べて約2倍となる170名もの方が全国から参加しました。 ---続きを読む

・【10/7・10開催】J-PARCオンライン施設公開2020開催のお知らせ (2020.10.7)
イベント 今年はオンラインでJ-PARCにGO!!
10月 7日(水)12:00 特設サイト公開
10月10日(土)10:00~ J-PARCからライブ配信
初公開の施設の映像やキッズコーナーなど楽しいコンテンツがいっぱい! ---続きを読む

・ 一般公開2020オンラインを開催 (2020.9.17)
Highlights KEKは9月6日(日曜日)、例年つくばキャンパスで4000人もの来場者を迎えて開かれていた「KEK一般公開」を、新型コロナウイルス感染症の予防対策のために、初めてオンライン形式で開催しました。 ---続きを読む

・ ICFAがILC国際推進チームの構成メンバーを発表 (2020.9.11)
Highlights 次世代の大型粒子加速器「国際リニアコライダー」の実現に向けて、計画を主導する「ILC国際推進チーム(ILC-IDT)」が新たに立ち上がり、本日、国際将来加速器委員会(ICFA)がその構成メンバーを発表しました。 ---続きを読む

・12GeV陽子加速器施設の備品を有償でお譲りします【寄附金トピックス】 (2020.9.10)
Highlights 12GeV陽子加速器で使用された実験機器やコントロール室で使用されたプレートを、ご希望の方に有償でお譲りします。 ---続きを読む

・Belle II 測定器のリモート見学会 参加申し込みのご案内 (2020.9.10)
【素核研トピックス】Belle II実験グループが9月19日 (土)にBelle II 測定器のリモート見学会を実施し ます。Belle II実験では、KEKつくばキャンパスにある周長3 kmのSuperKEKB加速器で電子と陽電子(電子の反粒子)を衝突させ、大量のB中間子と反B中間子のペアを生成し、その性質を調べる事でまだ見ぬ新しい物理現象の解明を目指しています。
電子と陽電子の反応を捉えるBelle II 測定器が設置されている実験ホールは例年1万人以上が見学に訪れる人気スポットですが、昨今の情勢により、皆様が訪問して見学していただくことが難しくなっています。そこで、今回初めての試みとして、オンラインによるリモート見学会を企画しました。 ---続きを読む

・KEK一般公開2020オンライン開催のお知らせ (2020.9.4)
イベント KEKは1971年に高エネルギー物理学研究所として設立、その後高エネルギー加速器研究機構に改称、2021年には50周年を迎えます。
例年の一般公開では、普段は見ることのできない実験施設の見学や、科学のふしぎを体感できる工作や実験、世界の研究をリードする研究者の講演とサイエンスカフェなど、小さなお子様から大人の方まで楽しんでいただけるプログラムを用意していましたが、今年は新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、オンラインで開催することにします。
9月6日(日)はKEKのYouTubeチャンネルにて、研究者トークを中心としたライブ配信を行います。 ---続きを読む

・J-PARCハドロン実験施設で新たなビームラインの運転を開始しました (2020.8.11)
press ⾼エネルギー加速器研究機構(KEK)と日本原子力研究開発機構(JAEA)が共同で運用する、茨城県東海村にある大強度陽子加速器施設J-PARCのハドロン実験施設)では、かねてより新たな陽子ビームラインの準備を進めてきましたが、6⽉24⽇に第三者機関による施設検査に合格し、ビームラインの運転およびそこでの共同利用実験を開始しました。新たなビームラインの運転により、日本で一番高いエネルギーとなる陽子ビームを、実験に使えることになりました。 ---続きを読む

・J-PARCにおける大強度陽子ビーム制御技術の開発-非線形光学を駆使したビーム整形法でターゲットの損傷を軽減、施設の安全運転に貢献- (2020.7.22)
press 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(理事長 児玉敏雄、以下、「原子力機構」)J-PARCセンター(センター長 齊藤 直人)の明午 伸一郎 研究主席らのグループは、原子力機構および大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(機構長 山内 正則、以下、「高エネ研」)の共同運営組織であるJ-PARCの物質・生命科学実験施設(MLF)における中性子源施設の安定な運転のため、大強度陽子ビームの整形技術を開発しました。 ---続きを読む

・オンラインシンポジウム「KEKにおける新しい研究様式」を開催 (2020.7.20)
Highlights 世界各地における新型コロナウィルス感染症の拡大が止まらないなか、小林ホールで7月14日オンラインシンポジウム「KEKにおける新しい研究様式」が開かれました。対象はKEK職員、関係コミュニティの研究者や大学院生らで、約200人の参加者がありました。
シンポジウムの狙いは、コロナ禍によって生活習慣から社会のあり方まで大きく変わりつつあるなか、KEKの科学研究はどうあるべきか、そのためには設備や制度に何が求められるか、などについて方向を見定める機会とすることです。山内正則 機構長も冒頭で「このシンポジウムで新しい研究様式に対する切っ掛けをつかんでほしい」とあいさつしました。 ---続きを読む

・KEKロードマップオープンシンポジウムを開催 (2020.7.16)
Highlights KEKは2007年に初めて「KEKロードマップ」を策定し、研究推進の指針としています。現行の「KEKロードマップ2013」は2013年に策定し、2016年、2019年にそれぞれ一部改定を実施しました。このたび2022年4月からの第四期中期目標・中期計画期間開始に合わせて、KEKロードマップを全面改定することにしました。ロードマップ策定を議論するにあたって「KEKロードマップオープンシンポジウム」を2020年7月6日(月)にKEK小林ホ-ルにて開催しました。 ---続きを読む

・大強度陽子ビームに晒される金属はどのくらい損傷するのか-高エネルギー陽子ビームを用いる加速器駆動システムの安全に貢献- (2020.7.1)
press 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(理事長 児玉敏雄、以下、「原子力機構」)J-PARCセンターの明午 伸一郎 研究主席、原子力基礎工学研究センターの岩元 洋介研究主幹らのグループは、高レベル放射性廃棄物を効率的に減容化・有害度低減する加速器駆動システム(Accelerator Driven System, ADS)における陽子ビームに起因する材料の損傷について、原子力機構および大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(機構長 山内 正則、以下、「高エネ研」)の共同運営組織であるJ-PARCセンター(センター長 齊藤 直人)の陽子加速器施設を用いて定量化しました。 ---続きを読む

・グラフェンを用いた電子源用新規基板-半永久的再利用可能な基板- (2020.6.29)
press 名古屋大学シンクロトロン光研究センターの郭磊助教、高嶋圭史教授、米国・ロスアラモス国立研究所の山口尚登研究員、高エネルギー加速器研究機構加速器研究施設の山本将博准教授、自然科学研究機構分子科学研究所の松井文彦主任研究員らの共同研究チームは、グラフェンを用いて半永久的に再利用可能な光電陰極電子源用基板の開発に成功しました。この成果は先端的加速器や電子顕微鏡への応用のほか、各種電極表面の保護やその容易な再生への応用などが期待されます。 ---続きを読む

・SuperKEKB加速器が世界最高ルミノシティ(衝突性能)を達成しました (2020.6.26)
press 大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)の 電子・陽電子衝突型加速器SuperKEKB(スーパーケックビー)は、2020年6月15日20時34分、瞬間ルミノシティ(衝突性能)2.22×1034cm-2s-1を達成し、世界最高記録を更新しました。 これまでの電子・陽電子衝突型加速器での世界記録(2.11x1034cm-2s-1)は、同じくKEKで2010年まで稼働していた前身の加速器「KEKB(ケックビー)」が保持していました。 2018年には欧州原子核研究機構(CERN)の陽子・陽子大型ハドロン衝突型加速器(LHC)がKEKBの記録を塗り替え、2.14×1034cm-2s-1の瞬間ルミノシティを記録しました。 今回達成した記録で、SuperKEKB加速器はすべての種類の衝突型加速器の中で、世界最高のルミノシティ性能を持つこととなりました。(*)
(*)その後も順調に加速器の調整が進み、6月21日0時53分には2.40×1034cm-2s-1を記録しました。 ---続きを読む

・第37回 高エネルギー加速器セミナー「OHO'20」オンライン開催のお知らせ (2020.6.25)
Highlights 高エネルギー加速器セミナーOHO’20を、下記日程で開催致します。本セミナーは、若手研究者の育成や企業の研究者の加速器科学への理解を深めることを目的として、1984年以来毎年開催されているものです。皆様のご参加をお待ちしております。 聴講自由ですので、多数ご参加ください。 ---続きを読む

・科学技術分野の文部科学大臣表彰「研究支援賞」を3名が受賞 (2020.6.3)
Highlights 加速器研究施設加速器第二研究系の新垣良次専門技師と柳岡栄一技師、および共通基盤研究施設超伝導低温工学センターの大畠洋克技師が科学技術分野の文部科学大臣表彰の「研究支援賞」を受賞しました。4月に予定されていた文部科学省での表彰式が新型コロナウイルス感染症拡大のため中止となり、5月28日、表彰状が山内正則機構長から3人に手渡されました。 ---続きを読む

・【KEKエッセイ #27】加速器研究と新型コロナウイルスの交差点で (2020.6.2)
Highlights 今、世界中を大混乱に陥れている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、加速器研究に没頭して現役時代を過ごした私にとって、遠く離れた未知の領域の話題のはずでした。しかし、日々洪水のようにあふれるメディアの報道に触発され、ネット上の情報を漁って勉強しているうちに、加速器研究とウイルスとの間にささやかな繋がりがあったことに気が付きました。そう、私は知らないうちに、加速器を通じてウイルス学研究の一端を支えていたのです。(名誉教授 鎌田進) ---続きを読む

・KEKは新型コロナウイルス感染症対策に細心の注意を払い研究活動を着実に継続しています (2020.5.13)
Highlights 新型コロナウイルスの感染拡大にともない政府の緊急事態宣言延長や、つくば市における外出自粛要請、茨城県の要請などが発表されましたが、高エネルギー加速器研究機構(KEK)ではいち早く対策本部を設け、感染対策に細心の注意を払った上で実験研究活動の維持継続に全力を尽くしています。 ---続きを読む

・これまでの情報  
・originリスト

          

titleNEWS@KEK / ハイライト 加速器関連トピックスtitle

・ILC実現に向けた空洞の材料選び~「新材料で40MV/m以上を達成!」 (2018.5.18)
Highlights KEKの空洞製造技術開発施設(CFF)では国際リニアコライダー(ILC)の実現に向けて空洞の材料に着目した研究開発を進めています。ILCに使用される超伝導空洞の材料には表面抵抗の低いニオブを用いますが、ニオブはレアメタルであり産出される場所も限られているため非常に高価な金属です。現在、CFFでは空洞材料のコストを抑えると同時に空洞製造コストも下げ、ひいてはILC建設コストを下げることによってILCをより実現に近づけることを目標としています。 ---続きを読む

dotSuperKEKBプロジェクトPhase1が終了しました (2014.7.22)
Highlights SuperKEKBプロジェクトの第一段階であるPhase 1(フェーズワン)の運転がこのほど終了しました。SuperKEKBプロジェクトでは、SuperKEKB加速器で加速した電子・陽電子ビームを衝突させ、その結果生じる物理現象をBelle II測定器で観察します。Phase 1とPhase 2では、加速器を構成する機器やBelle II測定器に搭載する各種センサーなどを順次組み込みながらビーム運転を行います。そして加速器、測定器ともに完備されたPhase 3から、物理実験を行いながら加速器の最終性能であるKEKBの40倍のルミノシティ(ビームの衝突頻度を示す単位)を目指す予定です。 ---続きを読む
140417

dotSuperKEKBが動き始めました (2016.3.25)
Highlights 2010年6月から運転を停止し、性能のアップグレードのための改造を行っていたKEKB加速器は、電磁石やビームパイプなどの加速器部品の大幅な入れ替えが終わり「SuperKEKB加速器」として試験運転を始めています。 ---続きを読む
130117

dot奇妙なヒッグス粒子(2015.12.18)
Highlights ヒッグス粒子は素粒子物理学の標準モデルに登場する他の粒子とはまったく肌合いが異なります。あなたがスターウォーズの主人公ルーク・スカイウォーカーだとしましょう。十分長い間、緑色をした小さなジェダイマスターを背負いながら、ダゴバのジャングルを歩いて来た後でやっと、「フォース」(理力)を使い、水浸しになった戦闘機「Xウイング」を沼地から引き上げることができるでしょう。しかし、あなたが素粒子の標準モデル中のボソンであるなら、訓練をしないでも、そのまま「力」を発揮することができるでしょう。 ---続きを読む
130117

dotニュートリノ振動とKEK(2015.12.11)
Highlights 2015年のノーベル物理学賞は、「ニュートリノが質量を持つことを証明したニュートリノ振動の発見」に対して、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長(スーパーカミオカンデ実験グループ)、およびカナダ・クイーンズ大学のArthur B. McDonald博士(サドベリー・ニュートリノ観測所)が共同受賞され、12月10日にスウェーデンのストックホルムで授賞式が行われました。梶田氏の発見は岐阜県飛騨市神岡町に設置されたスーパーカミオカンデという実験装置によって達成されたものです。KEKもスーパーカミオカンデを使ったニュートリノ振動実験に深く関わっています。 ---続きを読む
151211

これまでのNews@KEK / ハイライト 加速器関連記事
・originリスト


titleSuperKEKB・KEKB 情報title

dotKEKB加速器でのルミノシティ最高記録を達成しました。(2020.6)
 ピークルミノシティ 2.40 x 1034 cm-2 s-1(2020.6.21 0:53)
 一日当たりの積分ルミノシティ 1040.86 fb-1達成 (2009.11)

dotKEKBの国際協力について
CERN-LHC Crab Cavity実験における協力(2008.9.25掲載)
機構トップのtopicsに掲載されました。(2008.10.2)
Cornell大学のCesrTAプロジェクト:(2008.9.29掲載) 
電子雲抑制試験用電極付きビームパイプ(KEKBで世界に 先駆けて試験済み)の
設計・製作、新型X線プロファイルモニタの開発での協力

Karlsruhe大学とKEKBクラブ交差のルミノシティ・テューニングのプロセス解析の協力(掲載予定)





titleノーベル物理学賞受賞情報title

・南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏が2008年ノーベル物理学賞受賞(2008.10.7)
小林・益川両氏は、クォークが3種類しか発見されていない当時の1973年に、物質を構成する基本粒子クォークが6種類あれば、「CP対称性の破れ」が自然に説明できるという先駆的な理論(小林・益川理論)を提唱しました。
ノーベル賞理論を実証した加速器 -それがKEKB加速器 詳しくはこちら
 topics小林・益川理論 Bファクトリー実験が果たした役割(2008.10.9)
 topics2008年ノーベル物理学賞受賞関連の写真集など情報が満載(2008.10.1)
 topics小林誠名誉教授が2008年度文化勲章を受章(2008.11.3)
 topicsノーベル賞受賞記念特別展示 つくばエキスポセンターにて(2008.12.1)



これまでの加速器関連記事