> KEKトップ > 加速器研究施設 > 一般・研究者向けページTOP
Last Updated:

加速器はKEKで行われている科学研究の基盤です。

加速器は高エネルギー加速器研究機構(KEK)で行なわれている研究活動の基盤です。そもそも加速器というものがなければ、KEKの存在意義はありません。加速器研究施設はKEKのすべての加速器の運転維持とビーム性能の向上を通じて、素粒子・原子核物理や・物質・生命科学などの加速器共同利用実験の基盤=ビームを、日本と世界の研究者に提供しています。また、さまざまな将来の加速器科学と関連技術の研究開発に取り組んでいます。

つくばキャンパスでは、小林・益川理論を実証し、2008年のノーベル物理学賞の受賞に貢献したKEKB・Bファクトリー(電子陽電子リングおよびリニアック)をアップグレードして、飛躍的に高いビーム性能をめざすSuperKEKB・Bファクトリーの建設が進められています。また、シンクロトロン放射光利用の世界的パイオニアであるフォトンファクトリー(PFPF-AR)や低速陽電子実験施設などで、加速器の共同利用・共同研究を推進するとともに、次期放射光源の候補のひとつであるエネルギー回収型リニアック(ERL)のための研究開発に取り組んでいます。さらに、国際リニアコライダー(ILC)のための技術開発を試験加速器ATFSTFなどで行なっています。

東海キャンパスでは、原子力機構とKEKが共同で、大強度陽子ビームの提供を目指すJ-PARC加速器の供用運転を開始し、大強度ビームに伴う様々な困難を克服しつつ、その性能向上に奮闘中です。

加速器研究施設では米国(FNALSLACCornell大学JLab等)、アジア(北京IHEP上海浦項台湾BINPRRCAT等)、ヨーロッパ(CERNDESYINFNCEA等)などの世界の加速器研究者とさまざまな研究協力・交流を展開しています。また、企業等外部機関との共同研究により、医学利用・産業応用のための加速器の研究開発を進めています。

その他、加速器等についてご質問がありましたら、加速器施設長 山口誠哉(電話:029-864-5689 mail: seiya.yamaguchiatkek.jp)までご連絡くだされば詳しくご説明します。

最新情報

title加速器研究施設 トピックスtitle

・ スチューデント・デイを開催 (2018.1.18) new
総研大 Highlights 10月24日(火)、高エネルギー加速器研究機構(KEK)つくばキャンパスにおいて、第4回「KEKスチューデント・デイ」が開催されました。この催しは、総研大・高エネルギー加速器科学研究科の学生だけでなく、KEKで学ぶ連携大学院の学生、特別共同利用研究員などが年に一度、一堂に会して日頃の研究成果を発表するものです。 ---続きを読む

・平成29年度 総研大 大学院説明会(第3回・東京)のお知らせ (2018.1.18) new
イベント総研大・高エネルギー加速器科学研究科では、大学院説明会を6月(東京)、7月(つくば)、3月(東京)に開催しております。高エネルギー加速器科学研究科・研究科内3専攻の案内や各専攻で取り組まれている研究内容の紹介等を行います。 高エネルギー加速器科学研究科では、KEKで行われている研究活動を基礎として全専攻が緊密に協力し合い、幅広い分野の大学院教育を展開しています。興味がある方は、ぜひお気軽にお越しください。 ---続きを読む

・【KEKサイエンスカフェ】12月「放射光で輝く!女性研究者 ~日本放射光学会 市民公開講座・プレ企画~」 (2018.1.16) new
【物構研トピックス】 12月のサイエンスカフェは、1月につくばで開催の日本放射光学会 市民公開講座のプレ企画です。つくば在勤の研究者が週替わりで出演しました。 市民公開講座では放射光を作る研究者に登壇いただくことが叶わなかったということで、12/15には光源加速器の研究者 島田 美帆 さんに、 12/22には、市民公開講座のパネリストである物質・材料研究機構(NIMS)の永村 直佳 さんに出演いただきました。 ---続きを読む
140313

・「ERL評価専門委員会報告書」を公開しました (2017.12.25)
Highlights KEKは、次世代の放射光源である線形加速器(ライナック)を基盤としたエネルギー回収型ライナック(Energy Recovery Linac、ERL)について、ERL評価専門委員会が今後の技術開発の提言などについてまとめた「ERL評価専門委員会報告書」を公開しました。 ---続きを読む

・アジアの若手研究者向け超伝導・低温技術スクールが開かれました (2017.12.25)
Highlights 加速器の超伝導機器とそれらを冷却するための低温技術について講義と実習で学ぶ「アジア加速器用超伝導・低温技術スクール(Asian School on Superconductivity and Cryogenics for Accelerators 、ASSCA)」が12月10日から17日にかけて、つくばキャンパスで開かれ、インド、オーストラリア、韓国など9か国から、講師を含む57人が参加しました。 ---続きを読む

・第9回加速器研究施設技術交流会 開催 (2017.12.22)
origin 12月12日(火)、KEKつくばキャンパス小林ホールにおいて、加速器研究施設技術職員の業務内容の紹介を目的とした第9回 加速器研究施設 技術交流会が開催されました。 ---続きを読む

・高周波リニアックによるミューオンの加速実験に成功 ミューオン研究グループ (2017.12.11)
【素核研トピックス】 KEKの素粒子原子核研究所、加速器実験施設、物質構造科学研究所に加え、日本原子力研究開発機構(JAEA)、茨城大学、名古屋大学で構成する研究グループが、東海村のJ-PARCにおける実験で、ミューオニウム負イオンを、RFQ(高周波4重極型リニアック)を用いて加速する実験に成功し、11月に愛知県岡崎市で開かれたビーム物理学会2017などで報告しました。これは、素粒子の一種であるミューオンを加速することと等価であり、品質の高いミューオンビームの生成に役立つ世界でも初めての成果といえ、ミューオンの基本的な物理量である異常磁気能率(g-2)、電気双極子能率(EDM)を世界最高精度で測定できることにつながると期待されています。 ---続きを読む

・Joint US-CERN-Japan-Russia International Accelerator School 2017 報告 (2017.12.4)
origin Joint US-CERN-Japan-Russia International Accelerator School 2017 は、“RF technology”をテーマに、平成29年10月16日より26日までの11日間にわたって、神奈川県三浦郡葉山町にある湘南国際村センターで開催されました。湘南国際村センターは100名程度を収容できる国際会議場と宿泊施設を兼ね備えています。 ---続きを読む
131125
(Highlightsリンク掲載 2017.12.8)

・J-PARC ハイライト特集
日欧の加速器の高性能化に貢献 - J-PARC、CERNで使う金属磁性体を製造 -
(2017.12.4)
Highlights 先端技術の粋を集めて自然の極限を探る最先端の加速器は、さまざまな工夫を積み重ねて増強が迫られる宿命にあります。J-PARCセンターの大森千広 (おおもり・ちひろ) 教授らが所属するリング高周波加速 (RF) グループは、高周波加速システムに必要な高性能な金属磁性体の製造装置を開発しました。この磁性体はJ-PARCの加速器に導入されたほか、ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関 (CERN) の加速器用にも製造され、日欧の大型加速器の増強を担い、さらにがん治療用の加速器の小型化やコスト低下にもつながる機能を発揮するものとして、期待されています。 ---続きを読む

・「高エネルギー加速器セミナー OHO'17」を開催しました (2017.10.31)
Highlights 9月5日から8日までの4日間にわたりKEKつくばキャンパスで、「高エネルギー加速器セミナーOHO’17」を開催しました。同セミナーは若手研究員の育成や、企業の研究者の加速器科学への理解を深める事を目的として、1984年以来毎年開催されているものです。 ---続きを読む

・スロベニア代表団がKEKつくばキャンパスを視察 (2017.10.31)
Highlights 日本政府との科学技術協力会議へ出席するため来日中のスロベニア教育・科学・スポーツ省国際協力部長、ティト・ノイバウアー(Mr. Tit Neubauer)氏ら4人が、10月23日、KEKつくばキャンパスを訪問し、山内正則機構長らと懇談しました。 ---続きを読む

・カナダの科学大臣政務官一行がKEKを訪問 (2017.10.5)
Highlights カナダのケイト・ヤング科学大臣政務官、イアン・スチュアートカナダ国立研究機構(NRC)理事長一行が10月4日、KEKつくばキャンパスに来訪しました。 ---続きを読む

・スロベニア共和国のボフ副大臣がKEKつくばキャンパスを視察 (2017.10.5)
Highlights BelleⅡ実験の参加国であるスロベニア共和国のトマジュ・ボフ(H. E. Dr. Tomaž Boh)教育・科学・スポーツ省副大臣、ウルバン・クライツァル(Mr. Urban Krajcar)同省科学局長、シモナ・レスコヴァル(H. E. Ms. Shimona Leskovar)在駐日スロベニア大使ら4人が10月3日、KEKつくばキャンパスを視察に訪れました。 ---続きを読む

・【KEKのひと #18】日本の加速器科学の歴史とともに 菊谷英司(きくたに・えいじ)さん (2017.9.26)
Highlights KEKの歴史を記録する史料を収集・管理する史料室の前室長で、自らも日本で初めての衝突型加速器実験「トリスタン実験」などに研究者として参加。日本の加速器の歴史とともに年を重ねてきました。バッハや鉄道など、趣味も多彩。その構造を分析し、物理の理論に結び付ける根っからの"物理好き"、菊谷英司さんにインタビューしました。 ---続きを読む

・中国科学院高能物理研究所(IHEP)とKEKが定例所長級会合 (2017.9.13)
Highlights 中国科学院高能物理研究所(IHEP)のワン・イーファン(王 贻芳、Yifang Wang)所長ら10人が9月7日、KEKつくばキャンパスを訪問し、15年以上にわたり定期的に行われている所長級会合が開催されました。この中で両機関は、BelleⅡ実験などの高ルミノシティ(衝突の頻度)加速器の研究開発(MNPP-01)に多国籍間の協力で実施していく趣旨の覚書を締結しました。 ---続きを読む

・KEK一般公開2017を開催 (2017.9.5)
Highlights KEKつくばキャンパスの一般公開を9月3日に行い、3,858名の方々にご来場いただきました。当日は、筑波実験棟(Belle II測定器)やSuperKEKB加速器、電子陽電子入射器、放射光科学研究施設フォトンファクトリー(PF)など13か所の施設を公開し、多くの見学者に様々な実験装置を間近にご覧いただきました。 ---続きを読む

・イタリア国立核物理研究所(INFN)所長一行がKEKを訪問 (2017.9.5)
Highlights KEKを舞台にした国際共同研究に参画するイタリアの国立核物理研究所(INFN)のフェルナンド・フェローニ(Prof. Fernando Ferroni)所長らが8月31日、KEKつくばキャンパスを訪問し、山内正則機構長ら関係者と懇談しました。 ---続きを読む

・これまでの情報  
・originリスト

          

titleNEWS@KEK / ハイライト 加速器関連トピックスtitle

dotSuperKEKBプロジェクトPhase1が終了しました (2014.7.22)
Highlights SuperKEKBプロジェクトの第一段階であるPhase 1(フェーズワン)の運転がこのほど終了しました。SuperKEKBプロジェクトでは、SuperKEKB加速器で加速した電子・陽電子ビームを衝突させ、その結果生じる物理現象をBelle II測定器で観察します。Phase 1とPhase 2では、加速器を構成する機器やBelle II測定器に搭載する各種センサーなどを順次組み込みながらビーム運転を行います。そして加速器、測定器ともに完備されたPhase 3から、物理実験を行いながら加速器の最終性能であるKEKBの40倍のルミノシティ(ビームの衝突頻度を示す単位)を目指す予定です。 ---続きを読む
140417

dotSuperKEKBが動き始めました (2016.3.25)
Highlights 2010年6月から運転を停止し、性能のアップグレードのための改造を行っていたKEKB加速器は、電磁石やビームパイプなどの加速器部品の大幅な入れ替えが終わり「SuperKEKB加速器」として試験運転を始めています。 ---続きを読む
130117

dot奇妙なヒッグス粒子(2015.12.18)
Highlights ヒッグス粒子は素粒子物理学の標準モデルに登場する他の粒子とはまったく肌合いが異なります。あなたがスターウォーズの主人公ルーク・スカイウォーカーだとしましょう。十分長い間、緑色をした小さなジェダイマスターを背負いながら、ダゴバのジャングルを歩いて来た後でやっと、「フォース」(理力)を使い、水浸しになった戦闘機「Xウイング」を沼地から引き上げることができるでしょう。しかし、あなたが素粒子の標準モデル中のボソンであるなら、訓練をしないでも、そのまま「力」を発揮することができるでしょう。 ---続きを読む
130117

dotニュートリノ振動とKEK(2015.12.11)
Highlights 2015年のノーベル物理学賞は、「ニュートリノが質量を持つことを証明したニュートリノ振動の発見」に対して、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長(スーパーカミオカンデ実験グループ)、およびカナダ・クイーンズ大学のArthur B. McDonald博士(サドベリー・ニュートリノ観測所)が共同受賞され、12月10日にスウェーデンのストックホルムで授賞式が行われました。梶田氏の発見は岐阜県飛騨市神岡町に設置されたスーパーカミオカンデという実験装置によって達成されたものです。KEKもスーパーカミオカンデを使ったニュートリノ振動実験に深く関わっています。 ---続きを読む
151211

dot大型低温重力波望遠鏡KAGRAの運転開始迫る(2015.11.26)
Highlights 人類初の「重力波」の観測を目指した、大型低温重力波望遠鏡KAGRAの観測開始がいよいよ迫ってきました。
KAGRAは、現在、岐阜県飛騨市神岡町に建設されている新しい時代の望遠鏡です。望遠鏡と言えば、すばる望遠鏡やハッブル宇宙望遠鏡、多くの電波望遠鏡のように、山頂や宇宙空間のような空気の影響を可能な限り避ける場所を選んで、宇宙から届く光や電波を受ける望遠鏡を想像するかもしれません。しかし重力波望遠鏡は、「地下から宇宙を観測する望遠鏡」です。そんな常識破りの望遠鏡でとらえようとしている「重力波」とは、いったいなんでしょうか? ---続きを読む

110706

これまでのNews@KEK / ハイライト 加速器関連記事
・originリスト


titleKEKB 情報title

dotKEKB加速器でのルミノシティ最高記録を達成しました。(2009.6.18)
 ピークルミノシティ 2.1083 x 1034 cm-2 s-1(2009.6.17 17:12)
 一日当たりの積分ルミノシティ 1.4794 /fb達成 (2009.6.14)

dotKEKBの国際協力について
CERN-LHC Crab Cavity実験における協力(2008.9.25掲載)
機構トップのtopicsに掲載されました。(2008.10.2)
Cornell大学のCesrTAプロジェクト:(2008.9.29掲載) 
電子雲抑制試験用電極付きビームパイプ(KEKBで世界に 先駆けて試験済み)の
設計・製作、新型X線プロファイルモニタの開発での協力

Karlsruhe大学とKEKBクラブ交差のルミノシティ・テューニングのプロセス解析の協力(掲載予定)





titleノーベル物理学賞受賞情報title

・南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏が2008年ノーベル物理学賞受賞(2008.10.7)
小林・益川両氏は、クォークが3種類しか発見されていない当時の1973年に、物質を構成する基本粒子クォークが6種類あれば、「CP対称性の破れ」が自然に説明できるという先駆的な理論(小林・益川理論)を提唱しました。
ノーベル賞理論を実証した加速器 -それがKEKB加速器 詳しくはこちら
 topics小林・益川理論 Bファクトリー実験が果たした役割(2008.10.9)
 topics2008年ノーベル物理学賞受賞関連の写真集など情報が満載(2008.10.1)
 topics小林誠名誉教授が2008年度文化勲章を受章(2008.11.3)
 topicsノーベル賞受賞記念特別展示 つくばエキスポセンターにて(2008.12.1)



これまでの加速器関連記事