記事一覧

コラム

謎にせまる:陽電子‐電子と反対の粒子

ILC では電子と陽電子を加速して衝突させますが、この陽電子とはなんでしょうか。 アインシュタインの相対性理論が正しいことが認識され始めた1928 年、ディラックは電子の運動方程式を相対性理論にあわせて書き直すことに成功しました。この方程...
アーカイブ

目指せイチロー!

野球をやったことのある人なら、一度は考えたことがあるでしょう。どうしたらヒットを、ホームランを打てるのかを。うまくバッティングするためにはスイングのスピードが重要な要素の一つに考えられます。鋭いスイングが鋭い打球とヒットを生み出します。これ...
コラム

謎にせまる:宇宙の始まりとビッグバン

「宇宙にはいったいどれだけの星があるのだろう」なんて想像を巡らせたことはありますか。銀河系には数千億個の恒星があると考えられていますが、宇宙には同じような銀河が見渡す限り彼方まで存在します。天文学者エドウィン・ハッブルは1929 年、「遠く...
アーカイブ

アジア発のノーベル賞を  小柴昌俊

ILC通信の創刊おめでとうございます。 ILCで電子と陽電子を衝突させると、137億年前の宇宙のビッグバンと同じ現象が加速器の中で再現できます。これは素晴らしいことです。 1968年、旧ソビエト連邦のブドケル博士に「電子と陽電子をぶつける国...