KENS 中性子科学研究系

KEK

量子物性グループ

研究内容

中性子非弾性散乱は物性物理学研究において非常に強力な手段です。物質に中性子ビームを照射し、散乱された中性子を検出し、散乱の前後での中性子のエネルギーと運動量の変化を分析することによって、物質中の原子やスピンの動的な振る舞い、例えば、フォノンやマグノンを観測することができます。量子物性グループでは、J-PARC に設置された高分解能チョッパー分光器 HRC (High Resolution Chopper Spectrometer) と偏極中性子散乱装置 POLANO (Polarized Neutron Spectrometer) を用いて、量子スピン系や遍歴電子系の動的な振る舞いを高精度で観測し、物質中の原子やスピンの相互作用を解明して、物質のダイナミクスの研究を推進しています。 HRC は KEK と東京大学との、POLANO は KEK と東北大学との連携により運営しています。

ryoushi_1.jpg

 

メンバー

○ 高エネルギー加速器研究機構

伊藤晋一、横尾哲也、金子直勝、植田大地

○ 連携大学

東京大学物性研究所

益田隆嗣、中島多朗、浅井晋一郎、齋藤開、川名大地、杉浦良介、浅見俊夫

東北大学金属材料研究所

藤田全基、池田陽一、南部雄介、谷口貴紀、大河原学

 

実験装置

高分解能チョッパー分光器 HRC

偏極中性子散乱装置 POLANO



関連リンク