PhotonFactory

AR-NE3A: タンパク質結晶構造解析ステーション

概要

ビームライン群  第4分科(タンパク質結晶解析)
主な手法
  • X線結晶構造解析
特徴
  • 大強度ビームとピクセルアレイ型検出器によるハイスループット回折実験が可能。
  • 大容量デュワーを備えた結晶交換システムを用いて多量の結晶サンプルに対して全自動無人測定が可能。
主な研究分野
  • 構造生物学
  • 無機/有機化学、ナノ構造科学
担当者
  • 山田 悠介 yusuke.yamada★kek.jp
  • メールアドレスは★を@に変えてご利用ください。
備考

スペック

光源
  • 6.5GeV PF-AR 真空封止型アンジュレーター
光学系
  • Collimating mirror (19.2 m):
    Rhodium coated silicon single crystal (Flat shaped, 1000 mm (L) x 80 mm (W) x 70 mm (T)) with 3.5 mrad glancing angle
  • Monochromator (20.8 m):
    Numerical link type Si(111) double crystal monochromator, liquid nitrogen cooling
  • Focusing mirror (22.9 m):
    Rhodium coated SiO2 (Troidal, 1000 mm (L) x 100 mm (W) x 65 mm (T)) with 3.5 mrad glancing angle
エネルギー範囲
  • 0.75 〜 1.9 Å
エネルギー分解能(ΔE/E)
  • 〜 2 × 10-4
ビームサイズ
  • φ 0.10 mm
ビーム強度
  • 2.5 x 1011 photons/s
公開している装置
  • Cryocooling device : Rigaku CryoCooler
  • Fluorescence detector : Amptek XR-100CR(Si-PIN)
  • Sample changer: PAM (in-house developed)
検出器
  • PILATUS 2M-F (DECTRIS Co.)
リモート/メールイン測定
特記事項

詳しい情報

参考文献

  1. Y. Yamada, M. Hiraki, K. Sasajima, N. Matsugaki, N. Igarashi, Y. Amano, M. Warizaya, H. Sakashita, T. Kikuchi, T. Mori, A. Toyoshima, S. Kishimoto and S. Wakatsuki, AIP Conf. Proc., 1234, 415-418 (2009), doi:10.1063/1.3463228
  2. M. Hiraki, S. Watanabe, N. Honda, Y. Yamada, N. Matsugaki, N. Igarashi, Y. Gaponov and S. Wakatsuki, J. Synchrotron Rad., 15, 300-303 (2008), doi:10.1107/S0909049507064680

成果一覧

KEK放射光共同利用実験研究成果データベース(AR-NE3Aの成果)

プレスリリース・関連記事



Last updated: 2021-9-30