PhotonFactory

AR-NE5C: 高温高圧実験ステーション

概要

ビームライン群  第6分科(高圧)
主な手法
  • X線回折(エネルギー分散型)
  • XAFS(透過法)
特徴
  • 高温高圧その場での各種測定が可能です。
  • 幅広い角度(約3~35°)でのエネルギー分散型X線回折測定が可能で、広いQ範囲でのデータ収集が可能です。
  • 白色と単色の切り替えが短時間で行えるため、X線回折測定とXAFS測定を切り替えながらの測定が可能です。
主な研究分野
  • 高圧力科学
  • 地球惑星科学
担当者
  • 船守 展正 nobumasa.funamori★kek.jp
  • メールアドレスは★を@に変えてご利用ください。
備考
  • 類似の高圧力発生装置を有するビームライン(AR-NE7A)との使い分けが有効です。担当者にご相談ください。

スペック

光源
  • 6.5/5.0GeV PF-AR 偏向電磁石(NE5)
光学系
  • 二結晶モノクロメータ [Si(111)](標準)、[Si(311)]
エネルギー範囲
  • 20~140 keV(白色X線)
  • 10~60 keV(単色X線)
エネルギー分解能(ΔE/E)
  • 〜5 × 10-4
ビームサイズ
  • 30 mm(W) × 3 mm(H)
ビーム強度
  • 約109 photons/s/mm2
公開している装置
  • 500トンDIA型高圧力発生装置(MAX80)
MAX80
検出器
  • Ge-SSD(縦振り)
  • イオンチャンバー
リモート/メールイン測定
  • 不可
特記事項
  • 6-6式での加圧方式が標準となっております。
  • 高圧セルは各自ご準備ください。
  • 高圧力発生装置が常設され、原則として高圧力発生装置を使用した利用となります。汎用ビームラインではありませんが、装置を利用しない実験や他装置持ち込みを希望される場合は、担当者にご相談ください。

詳しい情報

参考文献

  1. D. Wakabayashi et al., Phys. Rev. B, 96, 024105 (2017), doi:10.1103/PhysRevB.96.024105

成果一覧

KEK放射光共同利用実験研究成果データベース(AR-NE5Cの成果)

プレスリリース・関連記事



Last updated: 2021-9-13