PhotonFactory

AR-NW12A: タンパク質結晶構造解析ステーション

概要

ビームライン群  第4分科(タンパク質結晶解析)
主な手法
  • X線結晶構造解析
特徴
  • 広いエネルギー範囲のビームを利用したSAD/MAD測定
  • ピクセルアレイ型検出器による、高速高精度測定
  • 試料周りの自由度が高く、光照射実験のための光学系の導入などの特殊実験が可能
主な研究分野
  • 構造生物学
  • 無機/有機化学、ナノ構造科学
担当者
  • 引田 理英 masahide.hikita★kek.jp
  • メールアドレスは★を@に変えてご利用ください。
備考

スペック

光源
  • 6.5GeV PF-AR 真空封止型アンジュレーター (with taper option)
光学系
  • Collimating mirror (23.5 m):
    Rhodium coated silicon single crystal (Flat shaped, 1000 mm (L) x 100 mm (W) x 70 mm (T)) with 3.5 mrad glancing angle
  • Monochromator (25.4 m):
    Numerical link type Si(111) double crystal monochromator, liquid nitrogen cooling
  • Focusing mirror (27.0 m):
    Rhodium coated silicon single crystal (Troidal, 1000 mm (L) x 100 mm (W) x 60 mm (T)) with 3.5 mrad glancing angle
エネルギー範囲
  • 0.75 〜 1.9 Å
エネルギー分解能(ΔE/E)
  • 〜 2 × 10-4
ビームサイズ
  • 0.2 mm (H) x 0.13 mm (V)
ビーム強度
  • 1.3 x 1011 photons/s (1.0 Å)
公開している装置
  • Cryocooling device: Rigaku CryoCooler
  • Fluorescence detector: Amptek XR-100CR(Si-PIN)
  • Sample changer: PAM (in-house developed)
検出器
  • PILATUS3 S2M (DECTRIS Co.)
リモート/メールイン測定
特記事項  ビームラインに併設されたレーザーブースでは、以下の装置が利用可能。
  • 結晶の紫外/可視吸収測定やラマン分光測定が可能な顕微分光装置
  • タンパク質結晶や無機/有機結晶の加工が可能な深紫外レーザーを用いた結晶加工装置

詳しい情報

参考文献

  1. L. M. G. Chavas, N. Matsugaki, Y. Yamada, M. Hiraki, N. Igarashi, M. Suzuki and S. Wakatsuki, J. Synchrotron Rad., 19, 450-454 (2012), doi:10.1107/S0909049512009727
  2. M. Hiraki, S. Watanabe, N. Honda, Y. Yamada, N. Matsugaki, N. Igarashi, Y. Gaponov and S. Wakatsuki, J. Synchrotron Rad., 15, 300-303 (2008), doi:10.1107/S0909049507064680

成果一覧

KEK放射光共同利用実験研究成果データベース(AR-NW12Aの成果)

プレスリリース・関連記事



Last updated: 2021-9-30