PhotonFactory

PF研究会「X線分光理論の新展開:構造・電子状態解析から磁性研究まで」
Frontier of theoretical approaches in x-ray spectroscopies

 
2019年8月20日掲載

<趣旨>

  日本はアメリカと並び世界トップクラスの数の放射光施設を備え,ユーザーの数も多いが,理論研究の面ではアメリカ,イタリアが伝統的に先行し,それに続きイギリス,オランダ,日本が続いている。理論計算プログラムはアメリカで開発されたFEFFが世界シェアを持っており,他にも海外で開発された計算プログラムが主に使われている。科学の進歩には実験と理論の両輪の進展が重要であるという歴史的事実を踏まえ,この現状を改善し,国内での理論研究並びに理論解析を発展させるために,国内外のシンクロトロン放射光分光理論研究者を集め研究会を開く。多重散乱理論の専門家である畑田と実験並びに理論を研究する宮永,岡林が主催者となり,XANES及びEXAFSの理論,さらには磁性研究の発展に資するXMCDの理論も含め,国内外の理論研究者に講演を依頼する。多重散乱理論,多重項,分子軌道法的手法,さらに定性的理解に着目したモデルハミルトニアン等についても議論する。また,計算プログラムによるチュートリアルも行う。理論研究者のみならず,放射光を利用した実験研究者に対しても示唆に富む研究会を目指す。

<概要>

日時:2019年10月3日(木)13:00~4日(金)17:30(4日の13:30~17:30はチュートリアル)

会場:KEKつくばキャンパス 研究本館 小林ホール(KEK交通アクセス, KEKキャンパスマップ

共催:豊田理化学研究所 特定課題研究

後援:PFユーザアソシエーション(PF-UA)

提案代表者:畑田圭介(富山大学理工学研究部),宮永崇史(弘前大学理工学部),岡林潤(東京大学大学院理学系研究科)

所内世話人:雨宮健太,阿部仁(物構研)

参加費:無料

旅費のサポート:なるべく旅費をサポートさせていただきますが、予算の都合により希望に添えない場合もあります。
        予めご了承下さい。締切後に旅費の有無についてご連絡させていただきます。
        ※自宅、 実家、知人宅にお泊りの場合は、宿泊費は支給されません。
        ※企業にお勤めの方、大学院生(発表されない場合)、学部学生、つくば在住の方には旅費、宿泊費は支給されません。
        ※KEK外に宿泊される場合は、宿泊費はKEKドミトリーに宿泊された場合と同等額までのサポートとなります。

KEKドミトリー:PFのビームタイム中ではありませんが、他のイベントもあり、バス付きの部屋数は限られております。
        希望に添えない場合もありますので、予めご了承下さい。
          ●シングルバストイレ付き(SB) 2,000円/泊
          ●シングルバストイレ無し(S)  1,500円/泊
        ※ドミトリーを利用される場合は共同利用者支援システムにユーザー登録、用務登録が必要となります。
         登録方法は締切後にご連絡します。

ポスターセッション:10/3(木)夕方を予定しています。理論研究者のみでなく、
          理論研究を必要とする実験研究者及び大学院生も奮ってご参加ください。
          なお,懇親会を兼ねて軽食と飲み物を準備しますので,
          有志にて2000円程度の出資(学生は除く)にご協力いただければ幸いです。
          (酒類等の持ち込みも歓迎いたします。)

チュートリアル "FPMSプログラムの実例計算":参加者はPCをご持参ください。
                       推奨環境は、OS: Linux, Mac OS (Windowsも可能である)
                             CPU: 64bit 

参加申込:Web参加申し込みは締め切りました。この後は、当日、会場にて、お申込み下さい。
                 


重要な締切:
  ドミトリー・旅費申し込み:          締め切りました(9月13日(金)12時)
  Web参加申し込み:             締め切りました(9月27日(金) 12時) 
  ポスターセッション(兼 懇親会)参加申し込み: 締め切りました(9月27日(金) 12時) 
     ※ポスター発表を希望される場合は,9月20日(金)までにお申し込みの上,要旨(日英いずれでも可)をご提出ください。

お問い合わせ:研究会事務局(pf-kenkyukai@pfiqst.kek.jp)までご連絡下さい。

<(参考)プログラム>

※研究会のProceedingsがウェブに掲載されました。(KEK Proceedings 2019-11)。  
Day 1 (10/3)
(Scattering methods / structural properties)
12:00~ 受付開始
13:00〜13:10 Opening
13:10〜13:50 Plenary Talk 1 (Didier Sébilleau)
"Plasmons modelling in core-level photoemission: state-of-the-art and beyond"
13:50〜14:20 Invited Talk 2 (Fabio Iesari)
"Analysis of EXAFS data beyond conventional approach"
14:20〜14:50 Invited Talk 3 (Peter Krüger)
"Theory of resonant photo- and Auger-electron diffraction"
14:50〜15:20 Invited Talk 4 (Keisuke Hatada)
"Full Potential Multiple Scattering theory for X-ray Absorption Spectroscopy with Electronic Structure codes"
15:20〜15:50 Coffee break
(Electronic + magnetic properties)
15:50〜16:30 Plenary Talk 5 (Gerrit van der Laan)
"Magnetic Spectroscopy with Soft X Rays"
16:30〜17:00 Invited Talk 6 (Takashi Mizokawa)
"Configuration interaction analysis for transition-metal oxides with negative charge-transfer energy"
17:00〜17:30 Invited Talk 7 (Tatsuya Nagao)
"Theory of resonant inelastic x-ray scattering for low-energy excitations from transition metal oxides"
17:30〜18:00 Invited Talk 8 (Munetaka Taguchi)
"The electronic structure of mixed valence NaxCa1-xCr2O4 by x-ray absorption spectroscopy"
18:00〜 Poster session and Party
Day 2 (10/4)
(Quantum chemistry)
9:30〜10:10 Plenary Talk 9 (Takashi Fujikawa)
"Theory of Pump-probe Ultrafast Photoemission Theory"
10:10〜10:40 Invited Talk 10 (Hidekazu Ikeno)
"DFT-CI calculations for RIXS and RIXS-MCD"
10:40〜11:10 Invited Talk 11 (Naoki Nakatani)
"Energy-specific TD-DFT study on the K-edge spectra of vanadium complex catalysts"
11:10〜11:40 Invited Talk 12 (Fukiko Ota)
"Theoretical study of Polarization-Averaged Molecular-Frame Photoelectron Angular Distributions with full-potential multiple scattering theory"
11:40〜12:10 Invited Talk 13 (Kaoru Yamazaki)
"Structural dynamics of nano-/bio-molecules driven by a femtosecond XUV/XFEL pulse"
12:10~ Closing for talks
13:30~17:30 Tutorial "FPMSプログラムの実例計算"
・プログラム
・gnuplotの使い方について

<ポスター発表プログラム>

※順不同
野澤俊介(KEK物構研)
"Theoretical analysis is essential to ultrafast dynamics studies using XANES and XES"
小出明広(量子科学技術研究開発機構)
"Effect of p-d interaction on circularly polarized Kα emission"
高橋 修 (広島大学)
"軟X線発光分光法による水の構造"
松本宗久 (KEK物構研)
"Exploiting valence fluctuations in Ce-based intermetallic ferromagnets for permanent magnets"
伊藤真弥 (富山大学)
"Theoretical study of electronic structure and magnetic property of URhIn5
後藤大河 (富山大学)
"Full Potential Multiple Scattering calculations for trigonal Se K-edge XANES"
山口真輝(富山大学)
"液体Se-Te混合系の構造"
雀部矩正(高輝度光科学研究センター)
"Theoretical investigation on 4f electron character of CeIn3 and CeSn3 by means of 3d-4f inelastic resonant X-ray scattering"
岡林 潤 (東京大学)
"Multiplet calculations of V2+ (3d2) states in orbital-ordered spinel-type oxides"
谷井祥剛 (富山大学)
"Theoretical study of fermi surface of URhIn5 with de Hass-van Alphen effect"
小川智史 (名古屋大学)
"DFT calculations of electronic structure of Pd nanoparticles"
加藤彰悟 (富山大学)
"カーボンナノチューブに包摂されたTe鎖の構造"
原 和花 (富山大学)
"Implementing electric quadrupole transition in FPMS"
松本裕司 (富山大学)
"Physical properties and electronic structure of antiferromagnet URhIn5
石松直樹 (広島大学)
"Hydrogen-induced magnetism in 4f-3d intermetallic compounds studied by XMCD"
藤方 悠 (千葉大学)
"Theoretical study of L2,3 edge X ray absorption spectra of vanadium oxide and chromium oxide using multichannel multiple scattering method"
田村嘉章 (富山大学)
"Mie scattering for Superconducting In grain"
今田 早紀 (京都工芸繊維大学)
"N K-edge XANES and XES Study of transition metal-doped AlN Films"

<講演予定者>

特別招待講演:
Didier Sébilleau (CNRS-Université de Rennes 1)
Gerrit van der Laan (Diamond Light Source)
藤川高志 (千葉大学)

招待講演:
Fabio Iesari (SAGA Light Source)
Peter Krüger (千葉大学)
畑田圭介 (富山大学)
溝川貴司 (早稲田大学)
長尾辰哉 (群馬大学)
田口宗孝 (東芝ナノアナリシス(株))
池野豪一 (大阪府立大学)
中谷直輝 (首都大学東京)
太田蕗子 (富山大学)
山崎 馨 (東北大学)

<講演者の皆様へ>

【発表時間について】

発表+議論30分程度を予定しています。

【要旨について】

要旨提出期限:9月20日(金)までにpf-kenkyukai@pfiqst.kek.jpまでお送り下さい。
フォーマット:テンプレート(WORD)をご利用下さい(A4サイズ 1枚でお願い致します)。
順次当ホームページに掲載させていただきます。

【Proceedingsについて】

PF研究会では研究会終了後、Proceedingsの発行が義務付けられています。
ご提出頂いた資料をKEKプレプリント・レポートデータベース(https://www.i-repository.net/il/meta_pub/G0000128Lib)に
登録させていただき、ウェブに掲載されますので、どうぞその点ご承知おき下さい。


更新日 2020-4-9