KENS 中性子科学研究系

KEK

KEK-S型課題審査会 中性子スピンエコー研究会

日時: 2012年11月16日(金)13:00~17:00

場所: KEK(つくば)4号館2階 輪講室1

参加申込:日野 hino@rri.kyoto-u.ac.jp までご連絡ください。

 

 現在、KEKと京大では、J-PARC MLF BL06に中性子共鳴スピンエコー装置群:VIN ROSEの建設を進めております。VIN ROSEはMIEZE型とNRSE型の2つ分光器から構成されており、どちらの分光器も中間相関関数I(Q,t)を観測し、緩和現象の研究に特に力を発揮する高分解能分光器です。MIEZEは磁場を含む試料環境の自由度が魅力であり、低分子及び磁性のダイナミックスを、NRSEは(生体)高分子等の高分解能ダイナミックスをサイエンスのターゲットとして想定しています。J-PARC/JSNSという世界最高クラスの輝度と低バックグラウンドを活かし、高輝度&高分解能を実現し微少試料に対応することを目指してビームラインを建設中であり、H25年度に装置を設置しコミッショニングを開始する予定です。
 本研究会では、装置設計、建設の現状及び目指すサイエンスについて、広く御議論頂きたく、研究会の案内を致します。ご興味をもたれた皆様のご参加を是非お願い致します。なお、この研究会はKEK中性子共同利用S型実験(2009S07)の審査を兼ねたものです。

用語説明
・ VIN ROSE: The VIllage of Neutron ResOnance Spin Echo spectrometers
・ MIEZE: Modulated IntEnsity by Zero Effort
・ NRSE: Neutron Resonance Spin Echo

 

研究会プログラム
セッション1
座長:北口 雅暁(京大炉)
13:00~13:45 日野 正裕(京大炉) 「VIN ROSE(MIEZE/NRSE)分光器とBL06ビームラインの現状」
13:45~14:15 田畑 吉計(京大工) 「中性子スピンエコーによる磁性体のスローダイナミクス研究  ーMIEZEへの期待」
14:15~14:45 松浦 直人(東北大金研) 「Study of Slow Lattice Dynamics in Relaxor Ferroelectric by Neutron Spin Echo and Backscattering Spectroscopy」
14:45~15:00 休憩
セッション2
座長:山田 悟史(KEK)
15:00~15:30 吉田 亨次(福岡大理) 「細孔水の構造と水の第2臨界点」
15:30~16:00 柴田 薫(CROSS) 「ダイナミクス解析装置DNAの現状と成果」
16:00~16:30 遠藤 仁(JAEA) 「iNSEの現況と来年度の運用にむけて」
 
総合討論(まとめ、審査員評価)
16:30~17:00 座長:瀬戸 秀紀(KEK)

※上記講演時間には質疑の時間も含みます。