KENS 中性子科学研究系

KEK

月例研究報告 4月

1. 共同利用状況など

【 人事 】

 4 月1 日付で、伊藤晋一教授が中性子科学系研究主幹に、大友季哉教授が物質・生命科学ディビジョン長に、横尾哲也准教授が中性子利用セクションサブリーダーに併任され、山内沙羅氏が技術員(新任)として、Liu Yuwei 氏が研究員(JST 未来社会創造事業プロジェクト)として着任した。



2. 研究グループの活動状況

(1) ソフトマターグループ

【 BL16ソフト界面解析装置SOFIA 】

 ◆ 論文等

  • Y. Oda, M. Inutsuka, R. Awane, M. Totani, N. L. Yamada, M. Haraguchi, M. Ozawa, H. Matsuno, and K. Tanaka,
    "Dynamic Interface based on Segregation of an Amphiphilic Hyperbranched Polymer Containing Fluoroalkyl and Oligo(ethylene oxide) Moieties",
    Macromolecules 53, 2380–2387 (2020).
  • T. Hirata, H. Taneda, K. Nishio, M. Inutsuka, N. L. Yamada, F. Nemoto, Y. Minagawa, H. Matsuno, K. Tanaka,
    "A Facile Surface Functionalization Method for Polymers Using a Non-solvent",
    ACS Appl. Bio Mater. 3, 2170–2176 (2020).

 ◆ 学位論文

  • 坂井俊平 修士,
    "スピンコート中に作り出される強偏斥高分子ブレンド薄膜の二層構造の形成機構", 三重大学 (2020/3)
  • 板垣望 博士,
    "界面における高分子ハイドロゲルの構造・物性と機能化に関する研究", 九州大学 (2020/3).
  • 中山峰花 修士,
    "高分子表面・界面の凝集状態制御と機能化への展開", 九州大学 (2020/3)
  • Ling LIU 修士,
    "Control of Cellular Behaviours on Bottle-brush Copolymers Grafted to Hyperbranched Polymers", 九州大学 (2020/03)



(2) 水素貯蔵基盤研究グループ

【 BL21高強度全散乱装置NOVA 】

 ◆ 論文等

 ◆ 学位論文

  • Y関川曉 修士,
    "ペロブスカイト型マンガン酸化物CaMn1-xSbxO3の自発的磁化反転の起源", 東北大学 (2020/3)



(3) 中性子光学研究グループ

【 BL05中性子光学基礎物理測定装置NOP 】

◆ 学位論文

  • 角直幸 博士,
    "Development of a Detector System for Precise Neutron Lifetime Measurement using Magnetic Field (磁場を用いた中性子寿命精密測定装置の開発)", 九州大学 (2020/3)
  • 廣本政之 修士,
    "中性子干渉性散乱による未知相互作用探索に向けたナノ粒子標的の応答特性の研究", 大阪大学 (2020/3)
  • Christopher Haddock, Katsuya Hirota, Takashi Ino, Masaaki Kitaguchi, Kenji Mishima, Noriko Oi, Tatsushi Shima, Hirohiko Shimizu, W. Michael Snow and Tamaki Yoshioka,
  • 山本奈々 修士,
    "パルス中性子対応干渉計の開発", 名古屋大学 (2020/3)
  • 岡部宏紀 修士,
    "中性子寿命測定における高精度化のための研究開発", 名古屋大学 (2020/03)