PhotonFactory

BL-27B: 放射性試料用X線実験ステーション

概要

ビームライン群  第3分科(X線吸収分光)
主な手法
  • マイクロビームX線細胞照射(ワイドビーム照射も可能)
  • XAFS
特徴
  • 個々の培養細胞(細胞の一部)に単色X線マイクロビームを照射でき、引き続く細胞応答の分析が可能です。
  • 生物試料準備室が隣接しており、細胞の調製、照射後の分析がオンサイトでできます。
  • 放射性試料(RI, 核燃料物質)が利用可能で、特に多元素から構成される原子力関連試料の分析に最適です。
主な研究分野
  • 放射線生物学
  • 原子力科学・廃炉技術
  • 原子力発電所事故に伴う環境回復(除染など)
  • アクチノイド化学
運営形態
  • ユーザーグループ運営ステーション
担当者
  • PF担当者:宇佐美 徳子 noriko.usami★kek.jp
  • 放射線生物UG代表:横谷 明徳 (QST) yokoya.akinari★qst.go.jp
  • 原子力基盤研究UG代表:岡本 芳浩 (JAEA) yokamoto★spring8.or.jp
  • メールアドレスは★を@に変えてご利用ください。
備考
  • 放射性物質を用いる実験は、最低1ヶ月前に放射線管理室に書類を提出する必要があります。使用できるRI・核燃料物質の核種および量については規定があるので、担当者にご相談ください。
  • 本ステーションは非密封RI管理区域内にありますので、RIを使用しない実験であっても、入域に関しては一般の実験ホールとは違う手続きが必要になります。

スペック

光源
  • 2.5GeV PFリング 偏向電磁石(B27)
光学系
  • 二結晶モノクロメーター [Si(111)]
  • 細胞照射:集光なし
  • XAFS:後置集光鏡 / キャピラリーレンズによる集光

BL-27A, Bの構成
エネルギー範囲
  • マイクロビーム細胞照射:5.35 keV固定(4 〜 15 keVのエネルギー可変モードも可)
  • XAFS:5 〜 20 keV
エネルギー分解能(ΔE/E)
  • 〜10-4
ビームサイズ
  • 40 mm (H) x 6 mm (V) (非集光時)
  • マイクロビーム:5μm角 〜 2 mm (H) x 0.9 mm (V)(スリットで成形した矩形ビーム)
    中心を遮蔽したビーム(細胞質照射用)の利用が可能
矩形ビームの例。左から10μm角、50μm角、50μm角+中心を遮蔽
ビーム強度
  • マイクロビーム細胞照射:0.3 Gy/s相当(5.35 keV)
  • XAFS:最大1011 photons/s
公開している装置
  • マイクロビームX線細胞照射装置(垂直ビーム、水平ビーム):付着性の動物培養細胞が照射可能です。
  • 単色X線細胞照射装置
  • XAFS測定装置(透過法、蛍光法)
検出器
  • 細胞照射用:IRDフォトダイオード、自由空気型電離箱
  • XAFS用:多素子Ge半導体検出器、電離箱
リモート/メールイン測定
  • 細胞照射:不可
  • XAFS:測定のみリモート可(試料交換は不可)
特記事項
  • 電気炉など試料環境に関する装置や、測定に関する装置など、ユーザー持ち込み装置の実績は多数ありますので、装置の持ち込みを毛検討される際には担当者にご相談ください。

詳しい情報

参考文献

  1. H. Konishi et al., Nucl. Instrum. Methods, A372, 322 (1996), doi:10.1016/0168-9002(95)01241-9 : BL-27A, B 全般に関すること
  2. K. Kobayashi, Proc. International School of Physics, Course CXXVII, p333 (1996), doi:10.3254/978-1-61499-214-1-333 : 放射線生物学(マイクロビーム除く)関連装置および生物試料準備室
  3. K. Kobayashi et al., J. Biomed. Nanotech., 2, 116 (2006), doi:10.1166/jbn.2006.020 : マイクロビームX線細胞照射装置に関する詳細

成果一覧

KEK放射光共同利用実験研究成果データベース(BL-27Bの成果)

プレスリリース・関連記事



Last updated: 2021-7-7